au住宅ローン

  • au住宅ローン

注目ポイント

au住宅ローン
  • 業界最低水準の変動金利・10年固定金利
  • もちろん保証料、団信保険料、一部繰上返済手数料も無料
  • ガンと診断されると住宅ローン残高が半分になる「がん50%保障団信」も無料付帯
  • 日本初のネット完結で申込みから最短10日で契約
  • auユーザー限定最大3万円のキャッシュバック特典付き!

au住宅ローンの概要

au住宅ローンはauスマホユーザー向けにじぶん銀行が提供している住宅ローンで、商品スペック自体はじぶん銀行の住宅ローンと同じです。日本初のネット完結となる住宅ローの実現、がんと診断されるだけで住宅ローン残高が半分になる「がん50%保障団信」を無料で付帯するなど、斬新なサービスを実現しています。もちろん、いくらサービスがすぐれていても、金利が高ければ意味がありませんが、au住宅ローンは、変動金利・10年固定金利を中心に国内最低水準の金利をを提示しています。
auスマホユーザー向けに最大60ヶ月、毎月500円のキャッシュバックを実施するサービスも提供しています。

au住宅ローンの商品性や審査基準などについては以下の特集記事もご確認ください。

au住宅ローン特集記事

au住宅ローンの評判・特徴は?

がん50%保障団信ついて

au住宅ローンの最大の特徴といってよいのが、ガン保障です。無料で付帯するがん50%保障団信はがんと医師から診断されるだけで住宅ローン残高が半分になるものです。現在、多くの金融機関では疾病保障を付帯する住宅ローンを付帯していますが、その多くは就業不能やその状態が1年続くなど保障条件のハードルが高いなっています。au住宅ローンの保障はがんと診断されるだけで適用される点が万が一の備えとして嬉しいですね。

既に住宅ローンを借りている方もau住宅ローンへの借り換えで月々の支払い削減とともに、住宅ローン付帯サービスのレベルアップも実現できる可能性もありますね。

au住宅ローンのがん50%保障団信

幅広い疾病保障団信を取り扱い

au住宅ローンではがん保障団信以外に、11疾病保障団信、ワイド団信なども取り扱っており、住宅ローンを検討する方に幅広い選択肢を提供しています。

au住宅ローンの変動金利や10年固定金利は国内最低水準であり、がん100%保障団信や11疾病保障団信の付加させても、メガバンクや地銀とそん色ない金利水準になります。

au住宅ローンの団信

au住宅ローンセット割について

au住宅ローンとじぶん銀行住宅ローンの違いがこの毎月500円の割引が適用されるかです。auユーザー限定で毎月500円、最大5年間で合計3万円のキャッシュバックが受けれるものです。

auは通信サービス以外にも積極的に事業進出しており、au住宅ローン以外にもau電気やau保険などでキャッシュバックや割引を実施しています。
au住宅ローンセット割

au住宅ローンとauでんきの利用で10,000円キャッシュバック

2018年6月よりau住宅ローンに新たな特典が追加されました。auでんきとau住宅ローンの両者を利用することで10,000WALLETポイントがプレゼントされるものです。WALLETポイントがau walletアプリでカードにチャージ可能なもので、現金と同じ価値があります。

特典を受けるにはau住宅ローン借り入れ翌月までにau ID登録などを行う必要があります。

auでんきとau住宅ローンの特典

au住宅ローンの窓口について

全国KDDI直営10店舗の窓口で住宅ローン相談が可能です。auユーザー以外も相談可能となっている点が嬉しいですね。

全国のKDDI直営店舗

au SAPPORO
北海道札幌市北区北6条西2丁目1番地7 JRタワーパセオ地下1階
au SENDAI
宮城県仙台市青葉区一番町3丁目8-8 一番町stearビル)
au SHINJUKU
東京都新宿区新宿3丁目25-1
au みなとみらい
神奈川県横浜市中区桜木町1丁目1-7コレットマーレ1F
au HONJOWASEDA
埼玉県本庄市早稲田の杜一丁目7番4号
au NAGOYA
愛知県名古屋市中区錦3丁目24-20
au OSAKA
大阪府大阪市北区大深町3番1号グランフロント大阪ナレッジキャピタル3階
au FUKUOKA
福岡県福岡市中央区大名1-14-45 QizTENJIN
au HAKATA
福岡県福岡市博多区博多駅中央街9番1号 博多マルイ6F
au NAHA
沖縄県那覇市久茂地1-1-1 パレット久茂地

 

au住宅ローンの諸費用は?

保証料、団信保険料、収入印紙などの諸費用は無料となります。

融資事務手数料として2.16%が必要となります。2,000万円のau住宅ローン契約であれば432,000円となります。この諸費用も住宅ローンに組み入れ契約することも可能です。こうした場合でもau住宅ローンであれば金利が上がることもありません。

au住宅ローンの6つの0円

au住宅ローンの利用者評価・口コミ・レビュー

マンション購入のために契約した住宅ローンが、業者の紹介で斡旋された比較的金利が高い提携金融機関のものでした。購入時はあまりローンに関する知識がなく、ローンの利率の僅かな違いでも後々となってかなりの金額の差となってあらわれるということを知り、それならば有利な利率で借りることのできる住宅ローンが良いと思うようになりました。
そこで住宅ローン借り換えをより深く理解するためにさまざまな情報を得るために、本を読んだりインターネットのサイトで検索したりと、ローンの借換えについて勉強を進めていきました。最も役に立ったのは住宅ローン借り換えを支援することを目的として解説されている住宅ローン比較サイトで、自分の借りているローンから、借り換えによって得ることのできるメリットを知ることができました。
借りていた住宅ローンは利率が固定金利で、比較的審査がゆるい条件であったために現在の超低金利政策のもとで融資されている各金融機関のローンよりも総返済額が多くなるということが問題点でした。そのため金利の低さとauの携帯電話(スマートフォン)を契約していることで得られるメリットが大きいということから、住宅ローンの借り換えはauじぶん銀行が貸出を行っているau住宅ローンに決めることとしました。
団体信用生命保険だけでなく、がんと診断された場合において上乗せ金利無しで50%のローンが減免されるという特約がついていたことも魅力でした。金利が0.2%を上乗せすることで100%保障となるプランと迷ったのですが、別の団体信用生命保険にも加入していることもあり、金利上乗せなしのプランでだいじょうぶだと判断しました。
自分の場合はau住宅ローンへの借り換えによって月々の返済額については7万円台から6万円台に減額となり、毎月の生活に余裕ができるようになりましたのでとても満足しています。繰り上げ返済なども利用してなるべく早く完済できるように引き続き頑張っていこうと考えています。


サイト更新情報

住宅ローンの基礎

住宅ローンの借り換え

住宅ローンの審査特集

職業別の住宅ローン審査

年収別の住宅ローン審査

地域別おすすめ住宅ローン

取扱銀行一覧

トップに戻る