イギリスのEU離脱で住宅ローン金利は引下げ?

2016年6月25日

news-icon01

イギリスのEU離脱で住宅ローン金利は引下げ?

23日に行われたイギリスのEU離脱の是非を問う国民投票は、離脱派が過半数を締める結果となり、今後イギリスはEUからの離脱に向けて動き出すことになります。

このイギリスのEUからの離脱が、住宅ローン金利にどんな影響を与えるのでしょうか。

 

そもそも、なぜイギリスはEUを離脱したいのでしょうか。

簡単に言ってしまうと、移民問題の深刻化です。昨今のヨーロッパへの移民の流入は100万人ともいわれ、社会保障費の増大や低賃金で働く移民が多く、仕事を奪ってしまうという問題が起きています。

EUの加盟国は移民の受け入れ義務を負うため、移民の受け入れを拒否するにはEUを離脱するしか無いのです。

つまり、今回はイギリスでしたが、移民の問題が深刻化すれば他のEU諸国でも同じことが起きる可能性が高く、今後も離脱を検討する国が続出するよな事になればEU自体の存在価値が無くなってしまうことも考えられます。

 

この国民投票の大勢が判明した正午頃から「リスクオフ」の動きが勢いを増しています。

東京外国為替市場では円相場が2年7ヶ月ぶりに1ドル=99円台まで急騰し、株式市場では、日経平均株価の終値は前日比1286円33銭安の1万4952円02銭で、1日の値下がり幅が1200円以上に達したのは2000年4月17日以来です。

また、イギリスのEU離脱懸念で利回りが低下していた長期金利は、マイナス0.215%まで低下し、過去最低を更新しました。

 

イギリスのEU離脱の住宅ローン金利への影響について考えていきましょう。

イギリスのEU離脱ショックから、世界の投資資金がリスクオフになり向かう先が、安全資産である「円」であり「日本国債」です。そのため本日は円の急騰や、国債が買われ長期金利の過去最低金利を更新すると言った事態になっています。

住宅ローンの長期の固定金利の指標は、この長期金利の利回りです。

先週、長期金利が過去最低を更新し続けたなか発表された、ソニー銀行の7月の適用金利は、10年以上の長期固定の住宅ローン金利が、0.1%~0.2%以上も引下げられたのは覚えているでしょうか。

このリスクオフの動きで日本国債が買われている状況では、7月の住宅ローン金利は、長期の固定金利を中心に引下げとなる可能性が高まっています。また、急激な長期金利の変動があった場合、7月に入ってからも再度、金利の変更が行われる可能性があります。
日銀や長期金利の動きに注目しておきましょう。

 

10年固定金利は各銀行が力を入れている主力の住宅ローンです。そこで、7月に金利引下げが考えられる人気の10年固定金利の住宅ローンを紹介します。
住宅ローンを選ぶ際の参考になさって下さい。

りそな銀行
借り換え専用ローン「りそな借りかえローン」はWEB申込み限定で、10年固定金利が0.500%の優遇金利を受けることができます。当サイトの金利比較表でもトップの金利の低さです。借り換えをお考えの方に強くおすすめする住宅ローンです。

住信SBIネット銀行
10年固定金利が、0.600%と新規の借入れではトップの低金利です。しかも、「8疾病保障」が無料で付帯し、低金利と手厚い保障を兼ね備えたおすすめの住宅ローンです。

じぶん銀行
10年固定金利は、0.770%と新規の借入れでは2番めの金利の低さ。しかし、「がん50%保障団信」が無料で付帯することで他の銀行に引けを取りません。「がん50%団信」はがんと診断されただけで住宅ローン残高が半分になる保障で、その保障を受ける条件は「がんと診断されるだけ」というハードルの低さで人気を集めている住宅ローンです。

 

 

 


サイト更新情報

住宅ローンの基礎

住宅ローンの借り換え

住宅ローンの審査特集

職業別の住宅ローン審査

年収別の住宅ローン審査

地域別おすすめ住宅ローン

取扱銀行一覧

トップに戻る