住信SBIネット銀行と日立がAI(人工知能)でローン審査を行う実験を開始

2016年10月9日

news-icon01

住信SBIネット銀行と日立がAI(人工知能)でローン審査を行う実験を開始

住信SBIネット銀行は日立製作所は協力して、AI(人工知能)とGIS(地理情報システム)などの統計データを活用した、住宅ローンやカードローンなど審査手法に関する実証実験を、2016年10月1日から開始しました。

住信SBIネット銀行は、これまでの仮説立案と修正を繰り返す旧来の伝統的なローン審査手法から、日立製作所のAT/H(Hitachi AI Technology/H)を活用した最適仮説の導出とフィードバックを通じて、AI(人工知能)が自律的にローン審査の最適化を図る先進的審査手法への脱皮を目指し、大量かつ複雑なデータ分析を必要とするローン審査で有効性が期待できるとしています。

ITを活用した先進的な金融サービス、いわゆる「フィンテック」ですね。
ローン審査にAI(人工知能)を活用して、審査時間を短縮しようという試みは、既にソニー銀行やみずほ銀行が導入することを発表しています。
特にネット銀行では審査時間の短縮もサービスの1つとして確立されいて、住信SBIネット銀行と激しく金利面で競い合っているじぶん銀行では最短10日というスピードを実現しています。
今後はローン審査のスピードと精度の両方を向上させることで、さらに利便性が良くなっていくでしょう。

 
<住信SBIネット銀行の特徴は?>
住信SBIネット銀行の住宅ローンの特徴は、業界でも最低水準の低金利と、団信に加え無料で付帯する「8疾病保障」でしょう。

低金利は言うまでもありませんが、「8疾病保障」とはどんな保障でしょうか。

・ガン・脳卒中・急性心筋梗塞で、所定の状態が60日以上継続した場合
・高血圧・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変・慢性膵炎で就業不能状態が12ヶ月を超えて継続した場合

上記の場合に、住宅ローン残高が0円になる保障が「8疾病保障」です。

通常は、この保障を付帯するには0.3%程金利に上乗せになりますが、住信SBIネット銀行では無料で付帯することができます。団信に加えて、この「8疾病保障」が無料で付帯されるので、死亡時以外にも8つの疾病で長い治療が必要になった場合に対応できるので、万が一の時にも安心です。

住宅ローンの新規借入れ・借り換えを検討している方に是非おすすめしたい住宅ローンです。


サイト更新情報

住宅ローンの基礎

住宅ローンの借り換え

住宅ローンの審査特集

職業別の住宅ローン審査

年収別の住宅ローン審査

地域別おすすめ住宅ローン

取扱銀行一覧

トップに戻る