長期金利がマイナス0.300%まで低下 過去最低を更新

2016年7月9日

news-icon01

長期金利がマイナス0.300%まで低下 過去最低を更新

8日の債券市場で長期金利の指標となる新発10年物国債の利回りが、一時、前日終値より0.025%低いマイナス0.300%まで低下し、過去最低を更新しました。
また、6日には、かろうじてプラスの利回りである新発20年・30年国債も投資資金が集中し利回りが低下していましたが、遂に、10年を超える超長期の新発国債で初めて、新発20年債利回りがマイナス0.005%となり、こちらも過去最低を更新しています。

世界の債券市場を見でも、ドイツ・アメリカ共に長期金利が過去最低を更新したりと、リスクオフが世界的な流れになっていることがわかります。

あいかわらず、イギリスのEU(欧州連合)離脱懸念を背景とした、世界的な株価の下落を懸念した投資家が、安全な資産とみられる日本国債に資金を移す、リスクオフの動きが要因と見られます。

EUの不安材料はイギリスだけでなく、ハンガリーでのEU(欧州連合)の難民政策の是非を国民投票が予定されたり、経済面でも、欧州委員会が財政再建の努力を怠っているとして、スペインとポルトガルに制裁を科すよう勧告を行うなど、EU内でも不安材料があり混乱が続きそうです。

加えて、IMF(国際通貨基金)が金融連鎖リスクが高い銀行として、欧州のドイツ銀行、HSBC、クレディ・スイスをトップ3として挙げるなど、財政面での不安も懸念されています。

 

これだけ欧州に不安材料があると、円や日本国債に投資資金が集まる「リスクオフ」になるのも仕方ないことでしょう。しかも「リスクオフ」も長引きそうですね。

長期金利を重要な指標として住宅ローン金利は決まります。つまり、長期金利が下がれば住宅ローンも下がる事になります。現在のところ、長期金利が上がる気配は全く無く、このままの低水準を維持、もしくは、さらに下がることになると思われます。

ということは、長期金利がさらに下がれば、8月の住宅ローン金利も長期の固定金利を中心に引下げになる可能性があります。

 

7月に大幅に住宅ローンを引き下げた銀行をピックアップしておきましょう。
先ほどお話した通り、長期金利が下がれば8月も住宅ローン金利の引き下げが期待できる銀行となっています。
住宅ローンを選ぶ際の参考になさって下さい。

りそな銀行
借り換え専用ローン「りそな借りかえローン」はWEB申込み限定で、10年固定金利が0.400%の優遇金利を受けることができます。当サイトの金利比較表でもトップの金利の低さです。借り換えをお考えの方に強くおすすめする住宅ローンです。

住信SBIネット銀行
10年固定金利が、0.510%と新規の借入れではトップの低金利です。また、20年固定金利でもフラット35より低い0.790%まで引下げています。しかも、「8疾病保障」が無料で付帯し、低金利と手厚い保障を兼ね備えたおすすめの住宅ローンです。

じぶん銀行
変動金利が0.497%と変動金利史上最低金利を実現する超低金利のうえ、「がん50%保障団信」が無料で付帯することで他の銀行をリードしていると行って良いでしょう。「がん50%団信」はがんと診断されただけで住宅ローン残高が半分になる保障で、その保障を受ける条件は「がんと診断されるだけ」というハードルの低さで人気を集めている住宅ローンです。

 


サイト更新情報

住宅ローンの基礎

住宅ローンの借り換え

住宅ローンの審査特集

職業別の住宅ローン審査

年収別の住宅ローン審査

地域別おすすめ住宅ローン

取扱銀行一覧

トップに戻る