じぶん銀行がauじぶん銀行に商号変更へ、KDDIが金融事業を強化へ

2019年2月13日

news-icon01

じぶん銀行がauじぶん銀行に商号変更へ、KDDIが金融事業を強化へ

2019年2月12日にKDDIが金融事業の強化を目的に中間金融持株会社「auフィナンシャルホールディングス株式会社」を設立すると発表しました。

住宅ローンでおなじみとなっているじぶん銀行もauフィナンシャルホールディングス株式会社の傘下になるとともに、商号をauじぶん銀行に変更することも発表されました。

 

auフィナンシャルホールディングス

 

KDDIの金融事業の背景は?

ずばり、通信事業の収益が先細りであることから収益の多角化を意図していると言ってよいでしょう。国内の通信事業者の収益源は携帯電話が大半となっていますが、通信事業を管轄する総務省の行政はもちろん、内閣も携帯電話料金の引き下げを政策課題に挙げており介入の意思を明確にしています。

2019年には楽天グループが第4のキャリアとして携帯電話事業に参入をすることとなり、限られた市場のパイを巡って競争が激化することとなります。

こうした結果、料金の引き下げ競争が行い、携帯電話事業の収益性低下を各通信キャリアは懸念をしています。

KDDIでも通信事業の成長鈍化を見越して、eコマースや金融事業などau経済圏の拡大を模索していましたが、今回踏み込んだ戦略が発表されたこととなります。

 

KDDIの金融事業の内訳は?

次に具体的に今回、発表された社名変更についてご紹介したいと思います。

我々ユーザーに影響が大きい会社としてはやはり、じぶん銀行とカブドットコム証券の商号変更ではないでしょうか。いずれもKDDIが追加出資することもあわせて発表されています。カブドットコム証券は上場をしているため、今回の追加出資で上場廃止となります。

社名新社名事業内容
じぶん銀行auじぶん銀行ネット銀行
KDDIフィナンシャルサービスauフィナンシャルサービスau WALLET クレジットカードの発行
ウェブマネーau PAY電子マネー発行業、au WALLET プリペイドカードの発行
KDDIアセットマネジメントauアセットマネジメントauのiDeCoの提供
KDDI Reinsurance Corporationau Reinsurance Corporation最保険業
カブドットコム証券auカブコム証券ネット証券

 

じぶん銀行の住宅ローンへの影響は?

当サイトを閲覧の方々は住宅ローンの借入や借り換えを検討されていらっしゃると思います。KDDIと三菱UFJ銀行が出資しているじぶん銀行は現在国内でもっとも住宅ローンサービスに積極的なネット専業銀行といっても過言ではありません。

じぶん銀行は2019年2月1日にこれまでのがん50%保障付きの住宅ローンに全疾病保障も付帯させるという驚きの発表を行いました。この発表まで私たちは住宅ローンに付帯させる保障について、

がん保障のじぶん銀行なのか?

全疾病保障の楽天銀行(金利選択型)もしくは住信SBIネット銀行なのか?

という選択をしなければなりませんでした。しかし、じぶん銀行が全疾病も追加で付帯させたことでじぶん銀行を選択肢から外す必要がなくなりました。

こうした優れたサービスを提供しているじぶん銀行ですが、auじぶん銀行になった後も、住宅ローン強化という戦略が変わらないのか気になりますね。当サイトではauじぶん銀行でも住宅ローンを強化していくと予想しています。

これはKDDIがau経済圏の流通額を現在の2.5兆円から、2021年に6兆円にする目標を掲げていることから推測できます。住宅ローンは融資額も大きく、auでんき、火災保険など各種サービスとの連携を考えれば住宅ローンを強化しないという考え方はないと思われるからです。

じぶん銀行の住宅ローンの詳細はこちら

じぶん銀行の住宅ローンに全疾病保障が付帯

 

 

じぶん銀行の住宅ローン関連記事


サイト更新情報

住宅ローンの基礎

住宅ローンの借り換え

住宅ローンの審査特集

職業別の住宅ローン審査

年収別の住宅ローン審査

地域別おすすめ住宅ローン

取扱銀行一覧

トップに戻る