2016年11月の首都圏・近畿圏のマンション市場動向 近畿圏で大幅増加

2016年12月26日

news-icon01

2016年11月の首都圏・近畿圏のマンション市場動向 近畿圏で大幅増加

不動産経済研究所が、首都圏と近畿圏の2016年11月のマンション市場動向を発表しました。

首都圏の11月の発売戸数は2,701戸で前年同月比22.7%の大幅な減少、前月比では7.0%の減少となっています。
契約率は62.5%と好調の目安とされる70%を下回りました。
戸当り価格は5,161万円で前年同月比1,167万円(18.4%)の低下、㎡当り単価は74.9万円で前年同月比12.2万円(14.0%)の低下と、どちらも3ヶ月ぶりの大幅な低下となっています。

近畿圏では、11月の発売戸数は1,975戸で前年同月比16.5%の増加、前月比では56.4%の大幅な増加となっています。
契約率は75.4%と好調の目安とされる70%を上回り、前年同月比で5.2ポイントの上昇です。
戸当り価格は3,803万円で前年同月比651万円(14.6%)の低下、㎡当り単価は62.6万円で前年同月比0.8万円(1.3%)の低下となっています。

 
首都圏では不調、対して近畿圏では好調を維持しているようです。
これまで高騰していたマンション価格がどちらの地域でも価格は低下していることから、やはりこれまで続いたマンション価格の高騰が一服していると考えて良さそうですね。
それに対して、住宅ローン金利は一番低かった8月・9月からは上昇してはいますが、フラット35では8月の0.900%に対して12月は1.100%と0.2%の上昇していますが、12月のじぶん銀行の10年固定金利は8月・9月よりも引下げて0.500%を維持していることからも分かる通り、大幅に上昇しているわけではありません。

長期金利の上昇も落ち着いて0.05%程度で推移していることを考えると、2017年1月は人気商品である10年固定金利を引下げる銀行が出てくる可能性が高まっているといえるでしょう。
週明けの大手銀行の適用金利発表に期待したいですね。

<おすすめの住宅ローン>
じぶん銀行
変動金利が0.497%と史上最低金利を実現しているうえ、借り換えで人気の10年固定金利は0.500%と固定でも低金利を実現しています。加えて「がん50%保障団信」が無料で付帯することで他の銀行をリードしていると行って良いでしょう。「がん50%保障団信」はがんと診断されただけで住宅ローン残高が半分になる保障で、保障を受ける条件のハードルの低さで人気を集めている住宅ローンです。

じぶん銀行 公式サイトへ

住信SBIネット銀行
変動金利が0.497%、10年固定金利は0.560%と金利を引き上げています。また、20年固定金利でもフラット35より低い0.910%は驚異的な低金利と言えるでしょう。しかも、「8疾病保障」が無料で付帯し、低金利と手厚い保障を兼ね備えたおすすめの住宅ローンです。

住信SBIネット銀行 公式サイトへ


サイト更新情報

住宅ローンの基礎

住宅ローンの借り換え

住宅ローンの審査特集

職業別の住宅ローン審査

年収別の住宅ローン審査

地域別おすすめ住宅ローン

取扱銀行一覧

トップに戻る