「民間住宅ローンの貸出動向調査」みんなが選んだ金利タイプは?

2017年2月13日

news-icon01

「民間住宅ローンの貸出動向調査」みんなが選んだ金利タイプは?

フラット35を民間金融機関と提携して提供している住宅金融支援機構が、2016年9月1日~10月30日に民間住宅ローンを取り扱う金融機関330機関に対し、アンケート調査を実施した結果をまとめたのが「民間住宅ローンの貸出動向調査」です。

今回は住宅ローンを借りようとした時に最初にぶつかる問題「どの金利タイプを選べばいいのか?」の参考になるかもしれない、住宅ローンを借りた人の金利タイプの割合を見てみましょう。
2015年に住宅ローンを借りた人はどの金利タイプを選んだのでしょうか?

みんなが選んだ金利タイプは?

金融機関の貸出実績のアンケート結果を見てみましょう。

金利タイプ別の貸出実績のグラフ

住宅金融支援機構「2016年度 民間住宅ローンの貸出動向調査」より引用

2015年金利タイプ別の貸出実績は、変動金利型が61.8%、10年固定などの固定期間選択型が33.4%、全期間固定型が4.9%となっています。
やはり金利の低さが金利タイプ選びの決め手のようで、変動金利型が圧倒的に多いです。

2015年の調査ということで、マイナス金利が導入され長期の固定金利が大幅に低下した2016年とは変動金利と固定金利の金利差が大きことが、この割合に影響していることは間違いないでしょう。

・2015年のじぶん銀行の住宅ローン金利
変動金利:0.600%前後
10年固定:1.000%以上
この金利を比べた場合、10年固定金利よりも半分の金利で済む変動金利は魅力的に映るでしょう。

・2017年2月のじぶん銀行の住宅ローン金利
変動金利:0.497%
10年固定:0.500%
ほとんど金利の差がありませんね。

2017年では金利タイプを金利の低さで選ぶならば、変動金利でも10年固定金利でもほとんど差がなく、どちらも史上空前の低金利と言えますね。

じぶん銀行は変動でも固定でも最低水準の低金利

2017年2月のじぶん銀行は、変動金利が0.497%10年固定金利が0.500%と業界でも最低水準の低金利です。
しかし、じぶん銀行の住宅ローンの特徴は低金利だけではありません。

団信に加え「がん50保障団信」も無料で付帯
がん50%保障団信とは、がんと診断されると住宅ローン残高の50%が保障される団信です。がんと診断されるだけという保障を受け取る条件の低さが驚異的です。

日本で初めて「申込み~契約」までネットで完結
住宅ローン契約手続きをネットで完結させることで、申込から契約まで最短約10日という短さを実現しています。融資実行までには余裕を持って申込みを行うべきですが、建売住宅や中古住宅で契約まで急ぐような場合にはこのスピード感は有効なポイントではないでしょうか。

6つの0円で諸費用負担が軽減
団信、がん50%保障団信、保証料、繰上げ返済手数料、資金移動、収入印紙がすべて無料で、諸費用の負担を軽減できます。

さらに借り換えでの利用でキャッシュバックキャンペーンも行っています。
変動金利でも10年固定金利でも最低水準の低金利に加えて、保障を受け取れるハードルの低い「がん50保障団信」が無料で付くことで、一番におすすめしたい住宅ローンとなっています。


サイト更新情報

住宅ローンの基礎

住宅ローンの借り換え

住宅ローンの審査特集

職業別の住宅ローン審査

年収別の住宅ローン審査

地域別おすすめ住宅ローン

取扱銀行一覧

トップに戻る