【速報】ソニー銀行が2017年7月の住宅ローン金利を発表!10年固定金利を引き下げへ!

2017年6月16日

news-icon01

【速報】ソニー銀行が2017年7月の住宅ローン金利を発表!10年固定金利を引き下げへ!

本日、ソニー銀行が2017年7月に適用する住宅ローンの金利を発表しました。6月に入ってから住宅ローン金利(固定金利型)に影響を与える長期金利(10年もの国債利回り)が上昇基調にありましたので、7月の住宅ローン金利は引き上げになると考えていましたが、ソニー銀行の発表は真逆、固定金利型を中心に多くの金利タイプを6月の適用金利から引き下げています。

それでは、発表された2017年7月のソニー銀行の住宅ローン金利を確認してみましょう。

ソニー銀行の2017年7月の住宅ローン金利

新規購入で頭金(自己資金)10%以上

金利タイプ変動セレクト住宅ローン住宅ローン
6月金利 7月金利 6月金利 7月金利
変動金利 0.499%0.499%0.799%0.799%
2年固定0.810%0.823%0.710% 0.723%
3年固定0.820%0.835% 0.720%0.735%
5年固定 0.910%0.924%0.810%0.824%
7年固定0.961% 0.957% 0.861% 0.857%
10年固定0.961%0.957%0.861%0.857%
15年固定 1.262%1.231% 1.162% 1.131%
20年固定 1.418%1.370% 1.318% 1.270%
20年超固定1.536% 1.480% 1.436%1.380%

 

借り換え・新規購入で頭金(自己資金)10%未満

金利タイプ変動セレクト住宅ローン住宅ローン
6月金利 7月金利 6月金利 7月金利
変動金利0.549%0.549%0.849%0.849%
2年固定0.860%0.873%0.760%0.773%
3年固定0.870%0.885%0.770%0.785%
5年固定0.960%0.974%0.860%0.874%
7年固定1.011%1.007%0.911%0.907%
10年固定1.011%1.007%0.911%0.907%
15年固定 1.312%1.281%1.212%1.181%
20年固定 1.468%1.420%1.368%1.320%
20年超固定1.586%1.530%1.486%1.430%

 

上記の表を確認いただければ一目瞭然、7年固定以上の固定期間のある住宅ローン金利が引き下げとなっています。変動金利は据え置きです。変動金利の据え置きは予想通りですね。(変動金利は当面変化なしの可能性が高い)

 

ソニー銀行の住宅ローンの特徴は?

ここで、あらためてソニー銀行の住宅ローンの特徴を確認しておきましょう。ソニー銀行は、オリコン住宅ローン顧客満足度調査「住宅ローン借り換え」部門で2011年から連続1位を誇る人気の銀行です。当然、何年も連続して「実際に利用している人」に高い満足度を与えているわけですから、優れた商品性が潜んでいるのは言うまでもありませんね。

まず、特徴的でかつちょっとその優れた点を理解しにくいのが、変動金利と固定金利の切り替えが何度でも自由に行えることです。一般的には固定金利から変動金利への切り替えは行えませんし、変動金利から固定金利への切り替えはできても1回だけというのが大半です。ソニー銀行では、インターネット上でいつでも何度でも自由に行なえます。しかも、翌月の金利が半月前に発表されるので、金利上昇局に対する対応や金利低下時のメリットを住宅ローンを借り入れた後も継続的に対策できることになります。

当然、団信、保証料は無料ですし、繰り上げ返済手数料も無料です。さらに事務手数料もわずか43,200円です。そのため、新規の借入れはもちろん借り換えを検討している人の高い人気を集めています。(住宅ローンの借り換えをときに必要なお金を極小化できるため)

ソニー銀行の住宅ローンの詳細はこちら

 


サイト更新情報

住宅ローンの基礎

住宅ローンの借り換え

住宅ローンの審査特集

職業別の住宅ローン審査

年収別の住宅ローン審査

地域別おすすめ住宅ローン

取扱銀行一覧

トップに戻る