ネット専用住宅ローンを利用するユーザーが急増/前年比1.5倍以上に

2018年12月25日

news-icon01

ネット専用住宅ローンを利用するユーザーが急増/前年比1.5倍以上に

大手・中堅の中古住宅の売買仲介、ハウスメーカーが所属している一般社団法人不動産流通経営協会が2018年9月に「不動産流通業に関する消費者動向調査 」という調査結果を公表しました。

この調査は2017年度に住宅を取得した方(新築住宅の方40%、中古住宅の方60%)を対象にWEBアンケートをとったものです。

本ページではこの調査について主要な箇所についてご紹介してみたいと思います。

住宅ローン調査の対象物件種類

 

利用した金利タイプでは圧倒的に変動金利が人気

調査によると、利用した住宅ローンの金利タイプとしては変動金利が59.3%となっており、圧倒的な人気となっています。次に固定期間選択型(10年固定など)が19.9%、これに全期間固定が9.7%となっています。

長引く低金利のメリットを最も享受できる変動金利に人気が集まっています。

2017年4月から2018年3月についてメガバンクは変動金利に動きがありませんが、じぶん銀行、りそな銀行、住信SBIネット銀行などは積極的に金利引き下げ競争を行っており、変動金利を選ばれる方にはぜひ注目をしていただきたいと思います。

住宅ローンの金利タイプの利用状況

 

 

ネット専業銀行やメガバンク・地銀のネット専用住宅ローンの利用者が急増

ネット専業銀行やメガバンク・地銀が扱うネット専用住宅ローンを利用した方の割合は、2017年度の19.5%(ネット専業銀行13.7%、メガバンク・地銀のネット専用住宅ローン5.8%)から今年度は32.9%(ネット専業銀行17.5%、メガバンク・地銀のネット専用住宅ローン15.4%)へと急増しています。

急増の主因はメガバンク・地銀のネット専用住宅ローンを利用する割合が3倍にもなっていることですが、ネット専業銀行を利用する方の割合も30%程度増えています。

 

日本で最も住宅ローン取り扱いシェアが大きい三菱UFJ銀行のネット専用住宅ローンの取り扱い割合は10%とされており、本調査はオンラインでのアンケートだけに回答者のオンラインサービスへの敷居が低く、利用率が高く出ていると見てよいでしょう。

そうであっても、ネット専業銀行やメガバンク・地銀が扱うネット専用住宅ローンの利用者が急増しているという傾向は間違いないといってよいでしょう。

 

 

【最後に】

金利が低いネット専業銀行やメガバンク・地銀が扱うネット専用住宅ローンの利用者が急増する傾向は今後も変わりそうにもありません。

 

みずほ銀行は地方の住宅ローン貸し出しから撤退したり、メガバンクの店舗閉鎖など、旧来のビジネスモデルを展開するメガバンクや地銀の限界が見られる中、ネット専業銀行の住宅ローンの商品スペックの向上には目を見張るものがあります。ネット銀行の住宅ローンは金利が低いだけでなく、疾病保障が無料で付帯するなどの特徴があります。

また、じぶん銀行のように住宅ローン申し込みから契約完了までオンラインで完結し、必要な期間も最短10日という先駆的なサービスを実現するネット銀行もある中、金利が割高なメガバンクや地銀の住宅ローンを選ぶ意味がなくなりつつあるといってよいでしょう。

無料で使える疾病保障付き住宅ローンの解説

 

 


サイト更新情報

住宅ローンの基礎

住宅ローンの借り換え

住宅ローンの審査特集

職業別の住宅ローン審査

年収別の住宅ローン審査

地域別おすすめ住宅ローン

取扱銀行一覧

トップに戻る