三菱UFJ、みずほ、住信SBIネット、じぶん銀行が2017年8月の住宅ローン金利が発表

2017年7月31日

news-icon01

三菱UFJ、みずほ、住信SBIネット、じぶん銀行が2017年8月の住宅ローン金利が発表

明日から8月に突入しますが、先行して一部の銀行が2017年8月の住宅ローン金利を発表していますので確認しておきましょう。気になるのは三菱UFJ銀行の金利引き上げとその引き上げ幅です。

 

■ 三菱UFJ銀行の2017年8月の住宅ローン金利

変動金利 0.775% → 0.775%【据え置き】

10年固定金利 0.700% → 0.800%【+0.10%引き上げ

 

■ みずほ銀行の2017年8月の住宅ローン金利

変動金利 0.625% → 0.625%【据え置き】

10年固定 0.850% → 0.850%【据え置き】

 

三菱UFJ銀行が0.1%も金利を引き上げたのに対して、みずほ銀行は金利据え置きと金利動向がかなり違っていますね。他の銀行の金利動向と比較するとみずほ銀行が正常で三菱UFJ銀行の0.1%の引き上げがやや異例な印象があります。インターネット銀行もいくつか発表されていましたので確認しておきましょう

 

■ 住信SBIネット銀行の2017年8月の住宅ローン金利

変動金利 0.444% → 0.444%【据え置き】

10年固定 0.660% → 0.660%【据え置き】

 

■ じぶん銀行の2017年8月の住宅ローン金利

変動金利 0.497% → 0.497%【据え置き】

10年固定 0.580% → 0.590%【+0.01%引き上げ

 

じぶん銀行が10年固定金利を0.01%とわずかに引き上げましたが引き上げ幅はわずか0.01%です。ネット銀行の住宅ローン金利動向を確認しても三菱UFJ銀行の金利上昇幅の大きさが目立ちますね。明日には全金融機関が2017年8月の住宅ローン金利を公表します。どちら(三菱UFJ銀行のように大きく引き上げるのか、据え置き近辺なのか)の傾向になるか引き続き注目していきたいと思います。


サイト更新情報

住宅ローンの基礎

住宅ローンの借り換え

住宅ローンの審査特集

職業別の住宅ローン審査

年収別の住宅ローン審査

地域別おすすめ住宅ローン

取扱銀行一覧

トップに戻る