住宅ローン金利の低下で、個人向け資金需要拡大 日銀アンケート

2016年7月25日

news-icon01

住宅ローン金利の低下で、個人向け資金需要拡大 日銀アンケート

日銀が国内の主要50金融機関を対象に、四半期に一度実施している主要銀行貸出動向アンケート調査が発表されました。

これによると、1~3月期の個人向け資金需要判断指数(DI)はプラス9と前回1月調査のマイナス1から10ポイント改善しました。これは、消費増税の駆け込み需要が起きた2014年1~3月以来の高水準となっています。この個人向け資金需要の拡大の要因は、日銀のマイナス金利導入で住宅ローン金利が低下している状況を反映していると見られます。

マイナス金利の導入が1月末ですので、それも大きく影響しているといえるでしょう。次回の調査では、さらに個人向け資金需要指数がプラスになりそうです。

この調査でもわかるように、マイナス金利の影響により超低金利となっていますし、8月も長期の固定金利を中心に、さらなる金利の引き下げが行われそうです。住宅の購入や住宅ローンの借り換えを考えている方には、史上空前の超低金利で借入れできる絶好のタイミングであることは間違いありません。
 
7月に続き8月も注目の住宅ローンを挙げておきましょう。住宅ローン選びの参考にしてみてください。
じぶん銀行
現在、変動金利の最低金利はじぶん銀行の0.497%ですが、変動金利の史上最低金利を実現し、さらに「がん50保障団信」を無料で付帯する人気の住宅ローンです。8月は現状維持を予想していますが、わずかでも金利引下げになるのでしょうか。

住信SBIネット銀行
7月には利用条件つきながら、変動金利を0.071%引下げて、じぶん銀行と並ぶ0.497%としています。さらに、10年固定金利も0.09%引下げて0.510%としていて、変動金利・固定金利ともに業界最低水準の金利を実現しています。
しかも、8疾病保障が無料で付帯することも考えると、今一番おすすめできる住宅ローンです。

りそな銀行
WEB申込限定で借り換えの方のみに超低金利を提供する「りそな借りかえローン」は、既に人気を集めていますが、7月は10年固定金利が0.1%引下げられた0.400%とさらに驚きの低金利で、借り換えユーザーの人気をますます集めそうです。8月はさらなる金利引下げが行われるのか注目です。
 
金利が引下げられれば、申込も増えるため審査に時間がかかることが考えられます。
住宅ローンの金利は審査時ではなく、融資実行時の金利が適用されるので、希望のタイミングで住宅ローンを組むためには、事前に審査を通しておき契約するタイミングを調整するのが賢い方法です。また、審査に落ちることも考えられるので複数の銀行に申し込んでおくのも重要です。
ベストなタイミングで融資の実行が行えるように対策しておきましょう。


サイト更新情報

住宅ローンの基礎

住宅ローンの借り換え

住宅ローンの審査特集

職業別の住宅ローン審査

年収別の住宅ローン審査

地域別おすすめ住宅ローン

取扱銀行一覧

トップに戻る