大手銀行が2017年1月の適用金利を発表 10年固定を引上げ

2016年12月30日

news-icon01

大手銀行が2017年1月の適用金利を発表 10年固定を引上げ

三菱UFJ銀行と三井住友信託銀行は29日、2017年1月の住宅ローン適用金利で主力の10年固定型の最優遇金利を引き上げると発表しました。

三菱UFJ銀行は、10年固定の最優遇金利を0.05%引き上げ0.65%に、7~20年の固定の最優遇金利は0.05~0.1%引き上げるとしています。10年固定の金利引き上げは4ヶ月ぶりとなります。
一方で変動金利の最優遇金利は0.625%で据え置き、さらに1~5年固定は据え置きとなっています。

三井住友信託銀行は10年固定金利の最優遇金利をこちらも0.05%引上げ0.500%としています。みずほ銀行も0.800%から0.850%と2ヶ月連続の引き上げに踏み切る見通しです。

変動金利は据え置き、期間の長い固定金利ほど金利が上昇する可能性が高いとした予想どおりとなっています。

この住宅ローン金利引上げの要因は、やはり長期金利の上昇ですね。
一時はプラス0.1%に迫る勢いで上昇していましたが、現在はその勢いも落ち着き0.05%前後で推移しています。29日の終値は0.035%と低下しています。
今月の半ばあたりにこのくらいで落ち着いていてくれれば、金利据え置きもあったかもしれませんが、仕方ないですね。

ただ、大手銀行で0.05%の金利引上げであれば、これから発表されるネット銀行では引き上げせずに据え置き、更には引き下げることのできる上昇幅と言えそうです。

特に、11月・12月と10年固定金利を引き上げていないじぶん銀行は、他の銀行が引き上げる来月も金利据え置きになるかもしれません。
10年固定金利で住宅ローンを考えている方はじぶん銀行の1月の金利発表に注目です。
金利が発表され次第、当サイトでももちろんお知らせ致します。

<じぶん銀行住宅ローンの特徴>
12月の変動金利は0.497%、10年固定金利は0.500%と業界でも最低水準の低金利です。
さらにじぶん銀行の住宅ローンは、「がん50%保障団信」が無料で付帯することが大きな特徴の一つです。

「がん50%保障団信」とは、がんと診断されると住宅ローン残高の半分が保障される団信です。がんと診断されるだけという保障を受け取る条件の低さが驚異的です。

jibun_gan50hosyou

それ以外にも、住宅ローン契約手続きをネットで完結させることで、申込から契約まで最短約10日というスピードを実現している点や、団信・がん50%保障団信・保証料・繰上げ返済手数料・資金移動・収入印紙がすべて無料で、諸費用の負担を軽減できる点を忘れてはいけません。

そして、この金利上昇局面でも変動金利はもちろん、10年固定金利も上昇していないことに注目です。
変動金利の最大の悩みどころである「金利上昇リスク」がほぼなくなっている現在の緩和政策が、変動金利のメリットを最大限活かせる環境であることもおすすめのポイントに付け加えておきましょう。

さらにその変動金利とほとんど変わらない水準の金利で10年間も金利が固定される10年固定金利も金利上昇リスクが心配な方にはおすすめです。

 じぶん銀行 公式サイトへ


サイト更新情報

住宅ローンの基礎

住宅ローンの借り換え

住宅ローンの審査特集

職業別の住宅ローン審査

年収別の住宅ローン審査

地域別おすすめ住宅ローン

取扱銀行一覧

トップに戻る