期限間近!住信SBIネット銀行 変動金利が0.447%の借り換え限定特別金利

2017年2月7日

news-icon01

期限間近!住信SBIネット銀行 変動金利が0.447%の借り換え限定特別金利

2月・3月は住宅業界の繁忙期ですが、実は借り換えの時期でもあります。
特に◯年固定の当初期間優遇タイプの住宅ローンの方は当初期間が終了すると金利が非常に高くなるため、借り換えるには絶好のタイミングです。
この2月に借り換え限定で特別金利のキャンペーンを行っているのが住信SBIネット銀行です。

変動金利は、この金利で住宅ローンを借り換えることは今後はもう出来ないのでは?というほどの低金利ですが、このキャンペーンは申込期限が迫っています。
借り換えを考えていた方はこれを読んだらすぐにでも申込みを行いましょう。

住信SBIネット銀行 借り換え限定特別金利

変動金利:0.447%
10年固定:0.540%

特筆すべきは変動金利の圧倒的な低さです。
変動金利の指標である短期プライムレートはここ数ヶ月変動していないため、各銀行の変動金利も据置きが続いています。その中での金利引下げは銀行の企業努力による攻めた金利と言えるでしょう。
正直に言って、今後この金利で変動金利を借り入れることは出来ないかもしれません。

10年固定金利は、金利だけ見ればじぶん銀行の10年固定金利やりそな銀行の10年固定金利のほうが低いですが、住信SBIネット銀行の最大の特徴である「8疾病保障」が無料で付くことを考えると充分に借入れ候補の筆頭として考える事ができるおすすめの住宅ローンです。
変動金利では金利上昇リスクが気になるという方もおすすめですね。

さて、この借り換え限定の特別金利は、申込の期限が迫っていることに注意です。
2017年2月17日(金)までに「本申込」をおこない、2017年1月4日(水)~2017年3月31日(金)の間に「融資を受けた方」に限られます。
2月17日までに仮審査を通し本審査の申込をしておく必要があるので、借り換えを考えている方はすぐに申し込んでおくことが肝心です。

住信SBIネット銀行 公式サイトへ

 

住信SBIネット銀行の「8疾病保障」とは?

住信SBIネット銀行の住宅ローンの特徴である「8疾病保障」はどんな保障でしょうか。
無料で付帯するからといって侮れない手厚い保障になっています。

「8疾病保障」とは
・ガン・脳卒中・急性心筋梗塞で、所定の状態が60日以上継続した場合
・高血圧・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変・慢性膵炎で就業不能状態が12ヶ月を超えて継続した場合

上記の場合に、住宅ローン残高が0円になる保障が「8疾病保障」です。

sumishinsbi_bank_hosyou

通常は、この保障を付帯するには0.3%程金利に上乗せになりますが、住信SBIネット銀行では無料で付帯することができます。団信に加えて、この「8疾病保障」が無料で付帯されるので、死亡時以外にも8つの疾病で長い治療が必要になった場合に対応できるので、万が一の時にも安心です。

どうしても対面で相談がしたいという方のために、住信SBIネット銀行は東京の新宿で実店舗での住宅ローン販売を開始しています。
これまでネット銀行を利用した多くのユーザーが唯一と言ってもいいデメリットとして感じていたところを解決し、低金利で「8疾病保障」が無料で付帯する手厚い保障の住信SBIネット銀行は優良な住宅ローンと言えるでしょう。
住宅ローンの借り換えだけでなく新規借入れを検討している方にも是非おすすめしたい住宅ローンです。

住信SBIネット銀行 公式サイトへ


サイト更新情報

住宅ローンの基礎

住宅ローンの借り換え

住宅ローンの審査特集

職業別の住宅ローン審査

年収別の住宅ローン審査

地域別おすすめ住宅ローン

取扱銀行一覧

トップに戻る