神奈川県でおすすめの住宅ローン比較ランキング

神奈川県でおすすめの住宅ローン比較ランキング

神奈川県の銀行と言えば横浜銀行。横浜銀行(はまぎん)は全国の地方銀行の中で最も預金残高も大きく日本一の地方銀行です。横浜銀行に次いで、千葉銀行・福岡銀行・静岡銀行・常陽銀行などの大手地方銀行が続いています。預金残高は12兆円。ゆうちょ銀行・メガバンク・大手信託銀行を含んだ日本の銀行の預金残高ではトップ10に入る規模の、日本を代表する大規模地方銀行です。

横浜銀行に次ぐのが神奈川銀行(かなぎん)ですが、預金残高は4000億円程度と横浜銀行の1/30程度の規模になってしまいます。信用金庫は意外にも発展しているエリアで、川崎信金(預金残高:1.8兆円)、横浜信金(1.7兆円)、湘南信金(1.0兆円)、平塚信金(4600億円)と比較的規模の大きい信金が川崎・横浜・湘南それぞれのエリアで営業しています。

 

横浜銀行が神奈川県全体をカバーし、それぞれの地域を信金がフォローしているのが神奈川県の金融事情と言えるでしょう。もちろん、神奈川県にはメガバンクも積極的に展開してきていますので、メガバンクを見かける機会も非常に多いと思います。

 

このように、神奈川県は横浜銀行が全体をカバーしていますが、基本的には東京都と変わらず金融サービスを受けられる都道府県なわけですが、この特集ページでは、神奈川県にお住まいの方におすすめの住宅ローンを一覧形式で紹介しています。神奈川県にお住まいの人は全国の中でも金融リテラシーが非常に高く、ネット銀行がかなり活用されているという点も特徴の1つです。

なお、都道府県を問わない住宅ローンのランキングはこちらのページで紹介していますので合わせて参照してください。

 

神奈川県で人気の住宅ローンは横浜銀行

横浜銀行の2018年10月の住宅ローン金利

神奈川県で人気の住宅ローンはもちろん横浜銀行の住宅ローンなのは言うまでもありませんが、北海道・東北などの地方の都道府県の住宅ローンと比べると金利がやや高い水準にあり、ネット銀行の住宅ローンよりかなり高くなっている点が特徴です。住宅ローンの商品性や金利だけを比べるとネット銀行の住宅ローンに軍配があがるわけですが、それにも関わらず高い人気を集めているのは、神奈川県の全市町村にしっかりと根差した店舗網・営業力がある賜物と言えそうです。店舗で相談したい人は横浜銀行が良いかもしれませんが、自分で選んでネットで申し込む人はネット銀行の住宅ローンを選ぶ方がよいでしょう。(神奈川県に住んでいて住宅ローンのことを研究している人は、すでにネット銀行の住宅ローンの魅力に気付いているので説明するまでもないかもしれません。)

 

神奈川県で利用可能な主な住宅ローン一覧

以下に神奈川県で利用可能な住宅ローンを一覧形式で紹介します。最新の金利やサービス内容は各金融機関のホームページなどでご確認するようにお願いします。

金融機関名住宅ローン金利一部繰上
返済手数料
保証料
じぶん銀行最新の金利を確認無料無料
au住宅ローン最新の金利を確認無料無料
住信SBIネット銀行最新の金利を確認無料無料
新生銀行最新の金利を確認無料無料
ソニー銀行最新の金利を確認無料無料
楽天銀行最新の金利を確認無料無料
住信SBIネット銀行最新の金利を確認無料無料
アルヒ最新の金利を確認無料無料
みずほ銀行最新の金利を確認無料
三菱UFJ銀行最新の金利を確認無料
三井住友銀行最新の金利を確認無料
横浜銀行最新の金利を確認無料
神奈川銀行最新の金利を確認有料
川崎信用金庫最新の金利を確認有料
横浜信用金庫最新の金利を確認有料
湘南信用金庫最新の金利を確認有料

 

(参考)横浜銀行の住宅ローン

 

横浜銀行は規模が大きいということもあり、メガバンクのような動きをしている印象があります。つまり、規模が小さい地方銀行のような積極策も少なく、どちらかというと安定的な利益率重視の戦略をとっているように見えます。一般的な住宅ローンを提供しているとも言えますので、悪いことばかりではありませんが、神奈川県で最も強力な店舗網を持つ横浜銀行がこの調子では、疾病保障が無料で付帯するじぶん銀行住信SBIネット銀行の住宅ローン(変動金利:年0.439%~年0.457%)などに利用者を次々に奪われてしまいそうですね。

 


サイト更新情報

住宅ローンの基礎

住宅ローンの借り換え

住宅ローンの審査特集

職業別の住宅ローン審査

年収別の住宅ローン審査

地域別おすすめ住宅ローン

取扱銀行一覧

トップに戻る