三井住友銀行の住宅ローン | みんなの住宅ローン <2019年10月金利更新>

  • 三井住友銀行

三井住友銀行の住宅ローン

注目ポイント

三井住友銀行の住宅ローン
  • WEB限定限定の金利プランを積極投入
  • 連生団体信用生命保険付住宅ローンを取り扱い
  • メガバンクの信頼性、安定性
  • 住宅ローン審査申込アプリで簡単申し込み

三井住友銀行の概要

メガバンクの1行で住友グループの住友銀行と三井グループのさくら銀行が2001年に合併し発足しました。財閥の壁を越えての合併であり話題となりました。
国内に440の店舗を有し、三菱UFJ銀行に次ぐ、国内2番手のメガバンクです。
三井住友銀行が属する三井住友フィナンシャルグループ数多くの会社を傘下に持ち、日本を代表するグループとなっています。グループには大手不動関連会社も数多く提携ローンで三井住友銀行の住宅ローンを斡旋される場面も多いと思います。
ネット事業の進出にも積極的で、ソニー銀行やジャパンネット銀行の設立に深く関わっています。
なお、三井住友銀行の関連会社であるジャパンネット銀行が2019年7月より変動金利を年0.415%とし、業界最低水準の金利を提示して住宅ローンサービスに参入しました。

ジャパンネット銀行の住宅ローン

三井住友銀行の住宅ローンの特徴

三井住友銀行ではWEB申込専用住宅ローンを積極的に展開しています。タイプごとに利用できる方の職業、勤続年数などの制限があるので注意が必要ですがです。

三井住友銀行では、連生団体信用生命保険付住宅ローン(「クロスサポート」)、8大疾病保障特約、自然災害時返済一部免除特約付住宅ローンなど、もしものときの備えが充実させた住宅ローンを取り扱っています。特に連生団信の取り扱っている金融機関は少なく、三井住友銀行の住宅ローンが注目される一因となっています。

三井住友銀行の住宅ローンはインターネットバンキングの利用で一部繰り上げ返済手数料が無料となります。

また、2015年からリバースモーゲージの取り扱いも開始しています。

 

●8大疾病保障付住宅ローン
三大疾病[ガン(上皮内ガンを除く)・急性心筋梗塞・脳卒中]および5つの重度慢性疾患[高血圧症・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変・慢性膵炎]の際の保証をつけることができます。
また、日常のケガ・病気保障特約をつけることもできます。
3大疾病・5つの慢性疾患保障と日常の怪我・病気保障の双方の保証をつけた場合には、特典として奥様保障特約をつけることができます。奥様保障特約では、配偶者が女性特有のガンに罹患した場合に、一時金100万円が支払われます。

●自然災害時返済一部免除特約付住宅ローン
地震の際に、通常の火災・地震保険では補てんできない部分を保障する特約がついた住宅ローンです。
2通りある保障から選ぶことができます。
・自然災害時返済一部免除特約付住宅ローン(約定返済保障型)
・自然災害時返済一部免除特約付住宅ローン(残高保障型)

●ミックスプラン
変動金利・固定金利・超長期固定金利の3つの金利タイプから組み合わせて利用することができます。
それぞれの金利によるメリット・デメリットを自身で自由に組み合わせて享受することができます。

三井住友銀行の住宅ローンのメリット

 

三井住友銀行の住宅ローンの団信

三井住友銀行の住宅ローンでは団信への加入が必須となっています。三井住友銀行ではグループ企業の住友生命が保険引き受け会社となっています。

団信の保険料は三井住友銀行の負担となっており、住宅ローン契約者の負担はありません。

なお、2019年9月現在、三井住友銀行のホームページ上では病歴、健康状態により団信に加入できない方のために加入条件を緩和したワイド団信を取り扱っている情報を確認できませんでした。ワイド団信の利用を機能する方は三井住友銀行が出資するネット専業銀行のジャパンネット銀行へ審査申し込みを検討してください。

 

三井住友銀行の住宅ローンの手数料

三井住友銀行の住宅ローンには保証料と融資事務手数料が必要となります。それぞれの手数料を確認して見たいと思います。

保証料について

三井住友銀行の住宅ローンの利用するためには同行グループのSMBC信用保証の保証を受ける必要があります。保証を得るために下記の保証料の支払いが必要となります。

35年ローン契約時の借り入れ金額ごとの保証料(保証料外枠方式)をまとめました。なお、保証料は消費税非課税となります。保証料は住宅ローン契約時に支払うことが必要となります。

保証会社の審査がよかった場合保証会社の審査が悪かった場合
2,000万円412,400円1,648,740円
3,000万円618,600円2,473,110円
4,000万円824,800円3,297,480円
5,000万円1,031,000円4,121,850円

審査結果が良いと2%、悪いと8%以上の保証料が必要な計算となります。保証料の支払い方には保証料外枠方式以外に保証料内枠方式がありますが、保証料外枠方式の1.5倍程度割高となりますが、金利に上乗せするため初期の諸費用が安く抑えられるメリットがあります。

融資事務手数料

保証会社の手数料として33,000円必要となります。

 

三井住友銀行の住宅ローンの関連コンテンツ

三井住友銀行の住宅ローン金利推移

三井住友銀行の住宅ローン審査基準/甘い?厳しい?

三井住友銀行の住宅ローンのメリット・評判、デメリットとは?

三井住友銀行のSMBCリバースモーゲージとは?

 

 

各銀行の公式サイト


サイト更新情報

住宅ローンの基礎

住宅ローンの借り換え

住宅ローンの審査特集

職業別の住宅ローン審査

年収別の住宅ローン審査

地域別おすすめ住宅ローン

取扱銀行一覧

トップに戻る