八十二銀行の住宅ローン | みんなの住宅ローン <2019年12月金利更新>

  • 八十二銀行

注目ポイント

八十二銀行の住宅ローン
  • ネットで仮審査、最短翌日回答!
  • 住宅ローン契約でATM手数料が時間外も無料に
  • 住宅ローン契約でコンビニATMが月2回まで108円割引
  • インターネットバンキングで一部繰上げ返済手数料

八十二銀行の概要

八十二銀行は「はちじゅうにぎんこう」と読みます。長野県を営業基盤とする地方銀行です。

財務体質が良好であり、有力な地銀の一つにあげられます。

また、地域密着型の金融活動を展開しており、経営理念『健全経営を堅持し、もって地域社会の発展に寄与する』そのままの銀行であるといえます。

 

八十二銀行の住宅ローンの特徴・メリット・デメリット

八十二銀行では変動金利から35年固定金利まで住宅ローンをプロパーで扱っています。

八十二銀行の優遇金利を受けるためにはネットバンキング、カードローン、積立預金、投資信託などの中から2つのサービスを契約する必要があります。

八十二銀行の住宅ローンの特徴・メリット

メリット① 店舗での対面サービスが受けられる(土日祝日も営業)

メリット② マイホームに伴うインテリアのご購入や引越し費用も住宅ローンとして借り入れ可能

八十二銀行の住宅ローンのデメリット

デメリット① 保証会社の保証が必要・保証料がかかる

デメリット② 来店が必要

デメリット③ 疾病保障が有料

八十二銀行の住宅ローン

 

八十二銀行の住宅ローン金利/2019年7月

金利のタイプ基準金利優遇金利
変動金利2.600%0.925%
10年固定金利2.450%1.200%
20年固定金利1.700%1.700%
35年固定金利1.700%1.700%

 

八十二銀行の住宅ローンラインアップ

●住宅ローン
新築・増改築をはじめ、中古住宅や建売のご購入、居住用の土地のご購入に利用できる住宅ローンです。
●<3大疾病+5つの重度慢性疾患>保障付住宅ローン
3大疾病(ガン・脳卒中・急性心筋梗塞)に加え、5つの重度慢性疾患(高血圧症・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変・慢性膵炎)をカバーした住宅ローンです。
3大疾病(ガン・脳卒中・急性心筋梗塞)で所定の事由に該当した場合、住宅ローン残高がゼロになります。
5つの重度慢性疾患(高血圧症・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変・慢性膵炎)による就業不能状態がローン返済日まで継続した場合、その期間の返済が保障され、さらにその状態が12ヵ月を超えて継続した場合は、住宅ローン残高がゼロになります。
配偶者が女性特有のガンになった場合は、一時金100万円が支払われます。
●返済支援保険付住宅ローン(<3大疾病+5つの重度慢性疾患>保障付)
病気やケガによる長期療養が必要となったときに返済保障されます。
●住宅ローン<フリーデザイン>
2つの金利を自在に組み合わせることができます。
●大型フリーローン
セカンドハウス・別荘の購入資金などに、最高1億円まで借りることができます。
●長期固定金利住宅ローン(フラット35)
独立行政法人住宅金融支援機構が提供する住宅ローンです。八十二銀行も窓口として利用することができます。
●リフォーム・エクステリアローン
マイホームの増改築からガーデニング、太陽光発電システム設置まで幅広くリフォームに利用できます。

 

八十二銀行 住宅ローンの保証会社・保証料

八十二銀行の住宅ローンを利用するためには八十二銀行グループである、八十二信用保証社の保証を得る必要があります。八十二信用保証の保証料は金利上乗せタイプと保証料一括支払いタイプがあります。保証料は下記のとおりです。

住宅ローン契約額保証料外枠方式保証料内枠方式
2,000万円205,860円~824,320円0.1%~0.4%上乗せ(352,902円~1,439,537円相当)
2,500万円257,325円~1,030,400円0.1%~0.4%上乗せ(441,157円~1,799,179円相当)
3,000万円308,790円~1,236,480円0.1%~0.4%上乗せ(529,456円~2,159,057円相当)
3,500万円360,255円~1,442,560円0.1%~0.4%上乗せ(617,708円~2,518,943円相当)
4,000万円411,720円~1,648,640円0.1%~0.4%上乗せ(706,002円~2,878,810円相当)

八十二信用保証社の下限の保証料は他の地銀系列の保証会社と比較した際に、割安感があります。ただし、審査結果により保証料がいくらになるか分からないというデメリットがあります。八十二信用保証の保証料の下限に割安感があっても、その安い保証料で住宅ローンを組めないと意味がありません。

保証料が最も高い審査結果となるリスクもあるので、そもそも保証料が不要の公的な住宅ローンである、楽天銀行(フラット35)アルヒや変動金利や10年固定金利が格安なじぶん銀行新生銀行などに同時に審査申し込みをするなどを行いたいですね。


サイト更新情報

住宅ローンの基礎

住宅ローンの借り換え

住宅ローンの審査特集

職業別の住宅ローン審査

年収別の住宅ローン審査

地域別おすすめ住宅ローン

取扱銀行一覧

トップに戻る