住宅ローン変動金利ランキング!変動金利を選ぶならココ!

2019年4月30日

news-icon01

住宅ローン変動金利ランキング!変動金利を選ぶならココ!

この特集ページでは、変動金利タイプの住宅ローンをランキング形式で紹介しています。

変動金利は金利が低い代わりに金利が上昇する可能性がある金利タイプです。その金利の低さからすでに半分以上の人が変動金利を選んでいると言われていますが、固定金利の住宅ローンがじりじりと上昇していますし、変動金利は驚異的な低金利が続くことで2019年も変動金利を選ぶ人はさらに増えると思います。

住宅ローン変動金利の金利上昇シミュレーション

変動金利の住宅ローンを選ぶと将来、住宅ローンの金利があがって破たんするリスクがある!と言うようなニュースを目にすることがあります。そのようなニュースが100%間違っているとは言うつもりはありませんが、「会社の業績が悪くなって給料が減ったら破たんする!」とか「保険に入っていないと病気の治療費が払えなくて破産するリスクがある!」、「子供を産むと養育費が膨らんで破産する!」などリスク・リスクと言っていたらキリがありません。実際、筆者自身も変動金利の住宅ローンを使って繰上返済しながら借入元本を減らすことを重視しています。

 

と言うことで、最初に変動金利のリスクがどういうものなのかを把握するために、最初に変動金利と金利上昇が住宅ローンの返済額に与える影響を具体的にシミュレーションしたものを紹介したいと思います。まず、以下の表を確認してください。以下は3000万円を30年返済で借りることを前提にしたシミュレーション(ボーナス返済なし・元利均等返済です)です。

毎月の返済額総返済額
0.5%の変動金利で借りて金利が上昇しない10年間:約89,000円
10年後以降:約89,000円
約3,200万円
0.5%の変動金利で借りて10年後に1%に上昇10年間:約89,000円
10年後以降:約94,000円
約3,390万円
0.5%の変動金利で借りて10年後に3%に上昇10年間:約89,000円
10年後以降:約113,000円
約3,800万円
0.5%の変動金利で借りて10年後に5%に上昇10年間:約89,000円
10年後以降:約135,000円
約4,300万円
1.5%の固定金利で借り入れ10年間:約103,000円
10年後以降:約103,000円
約3,730万円
2.0%の固定金利で借り入れ10年間:約111,000円
10年後以降:約111,000円
約3,990万円

まず、0.5%と1.5%の総返済額の差は約500万円、0.5%と2.0%の総返済額の差は約800万円あることがわかります。また、変動金利が10年後に今の6倍に上昇したとしても、2%の固定金利で借りて払い続ける返済額と大差ないこともわかりました。

住宅ローンの変動金利が10年後に10倍の5%まで金利が上昇してしまった場合、印象はかなり違ってくることがわかります。

住宅ローンの変動金利には125%ルールと呼ばれているルールがあって急に0.5%が5%になることはなく、実際には0.5%→0.725%というようにちょっとずつ金利が上昇していくことになります。

 

この金利が上昇した場合の返済額のシミュレーション結果を見て、どのように感じるかは人それぞれだと思いますが、500万円~800万円の住宅ローンを多く支払う覚悟をしてまで金利上昇のリスクに備えますか?と聞かれた時に、当サイトでは「はい、それでも備えるべきです。」と断言はできませんし、同じように感じる人は多いのではないでしょうか?

 

※このシミュレーション結果を見た時に「変動金利はやはり怖い」と感じた人は変動金利タイプの住宅ローンには向いていない人だと思いますので以下の記事は参考にならないはずです。逆に変動金利を選んでおいた方が良さそうだなと感じた人には、以下の記事は参考になると思いますので、もう少しお付き合いいただければと思います。

 

変動金利の住宅ローンを選ぶときの重要なポイント

まず、当サイトでは変動金利の住宅ローンを選ぶ時の住宅ローン選びで特に重要になってくるのは以下の3つの点と考えています。

  • とにかく金利が低い住宅ローンを選ぶこと
  • (一部)繰上返済手数料が無料であること
  • 業績が良い銀行を選ぶこと(安心感・安定感がある方が良い)

金利の低さにこだわる

変動金利タイプのリスクを減らす最初の一歩はとにかく金利の低さにこだわることです。金利の低さは元本の返済スピードに直結します。もし金利が上昇してしまってもその時点で住宅ローンの借入元本が少なければ金利上昇の影響を小さくすることができるのがその理由です。少しでも金利を低い住宅ローンを選んで元本の返済スピードを早めることを意識しましょう。

 

繰上返済のしやすさは重要

繰上返済手数料も重要です。基本的な考え方は金利の低さにこだわることと同じで、変動金利を選んだらできるだけ繰上返済を行って住宅ローンの借入元本を減らしていくことで金利上昇時の影響を小さくできます。その為には繰上返済を小まめに手数料無料で行える住宅ローンを選ぶことは非常に重要になってきます。

 

安心して借りられる金融機関を

変動金利タイプの住宅ローンは将来の金利を上げる権利を銀行が持つことになりますので、その権利を持たせても良いと思える、信頼できる銀行を選ぶことが案外重要なポイントになると考えています。

例えば、他の銀行が金利をあげていないのに金利を引き上げたりする可能性があるような銀行を選んでしまわないように意識する必要があるというわけですね。(実際、他の銀行の金利は変わっていないのに特定の銀行の変動金利だけ金利があがったこともありました)

例えば、経営や収益が順調に推移していない銀行は、利益を無理やり引き上げるために金利を引き上げる可能性はゼロではありません。銀行だけでなく、銀行が属するグループの規模や業績が順調なのかも考えて申込先を選ぶと良いでしょう。

特にここ数年の地方銀行の業績悪化は深刻で、地方銀行の大半は業績悪化に苦しんでいる状況です。地元でよく見かけるのでと根拠なく信頼してしまいがちですが、地銀の住宅ローンを選ぶ時は、その銀行の株価やこの数年の業績は確認しておくようにしましょう。

なお、地方銀行は今、大きな変化を求められています。どの地方銀行でも数年後にはどこかの銀行と合併・経営統合される可能性があると思っておく必要があります。

 

おすすめの変動金利住宅ローンランキング!!(2019年4月)

 

住宅ローン借り換えランキング1位じぶん銀行の住宅ローン

三菱UFJ銀行とKDDIが共同で出資して作ったネット銀行がじぶん銀行です。じぶん銀行の住宅ローンの中でも目立つのが変動金利の低金利。しかも、金利だけでなく「がん50%保障団信」と言う「がんと診断された時に住宅ローンの残高が0円になる団信」とすべての病気とケガを保障する「全疾病保障」が無料でセットすることができるという点も大きな魅力です。

がんと診断された時に住宅ローンの残高が半分になり、毎月の住宅ローンの返済額が半分に減ったら、がんの治療中の経済的な負担が緩和されることは間違いありません。

また、病気や怪我などの理由を問わず180日以上の入院をすると住宅ローン残高がゼロとなる保障も心強いですね。ガン保障と全疾病保障をセットで提供しているネット銀行は2019年2月現在、じぶん銀行のみとなります。

また、それ以外にもじぶん銀行の住宅ローンは「保証料」、「団体信用生命保険料」、「一部繰上げ返済手数料無料」が無料です。

じぶん銀行の住宅ローンは仮審査結果は最短当日、本審査契約まで最短10日の審査手続きが早いことも特徴の一つで、書類をパソコンやスマホからアップロードして提出することを可能にして契約までの時間を短縮している点もメリットの1つです。

「金利」、「繰上返済の利便性」、「安心感」のどれをとってもトップクラスで変動金利を選ぶときの最有力の住宅ローンの1つと言えるでしょう。

金利変動金利:0.457%
保証料無料
繰上げ返済手数料無料
※ただし、固定金利期間中に全額返済(完済)する場合のみ32,400円
団体信用生命保険料無料
がんと診断されたら住宅ローンが半分になる”がん50%保障”、病気や怪我などの理由を問わず180日以上の入院をすると住宅ローン残高がゼロになる”全疾病保障”が費用負担なく付帯
事務取扱手数料融資金額の2.16%(税込)
じぶん銀行の住宅ローン

 

住宅ローン借り換えランキング1位au住宅ローン

au住宅ローンは、じぶん銀行の住宅ローンに、毎月500円分のau wallet(電子マネー)を5年間プレゼントする特典がセットされた住宅ローンです。au住宅ローンとじぶん銀行の住宅ローンは、住宅ローンそのものは全く同一なので、金利だけでなく「がん50%保障団信」と言う「がんと診断された時に住宅ローンの残高が0円になる団信」とすべての病気とケガを保障する「全疾病保障」が無料なのもau住宅ローンの大きな魅力です。

また、auでんきを利用している人や同時に申し込むことでさらに10,000円分のau walletがもらえる特典があり、じぶん銀行の住宅ローンにau利用者向けの特典を追加したau住宅ローンは、auユーザに最適な住宅ローンの1つです。

auを使っている人は忘れずにau住宅ローンを申し込むようにしましょう。

金利変動金利:0.457%
保証料無料
繰上げ返済手数料無料
※ただし、固定金利期間中に全額返済(完済)する場合のみ32,400円
団体信用生命保険料無料
がんと診断されたら住宅ローンが半分になる”がん50%保障”、病気や怪我などの理由を問わず180日以上の入院をすると住宅ローン残高がゼロになる”全疾病保障”が費用負担なく付帯
事務取扱手数料融資金額の2.16%(税込)
au住宅ローン

 

住宅ローン借り換えランキング3位楽天銀行(金利選択型・変動金利)

楽天銀行が2013年から取り扱いを開始しているのが「金利選択型」と言う住宅ローンです。

変動金利の金利水準そのものはじぶん銀行・住信SBIネット銀行などよりも少し高いのですが、事務手数料が324,000円で固定されている点が大きな違いです。

さらに、全疾病保障が無料で付帯し、大手銀行では通常数十万円必要な「保証料」も無料です。全疾病以外にも失業保障・入院保障特約を取り扱っており、失業・入院時の月々の住宅ローン返済に備える様々な商品を取り扱っています。

住宅ローンの契約時に大きな負担になりがちな事務手数料は324,000円で一律。一般的に融資事務手数料は融資額の2.16%必要となるので借入金額が大きくなればなるほど、楽天銀行の住宅ローンのお得感が高まるようになっています。

年収400万円以上でないと利用できないなど審査基準は厳しめですが、厳しい審査基準をクリアできる可能性がある人にはぜひ検討して欲しい住宅ローンの1つです。

金利変動金利:0.527%
保証料無料
繰上げ返済手数料無料(1回当たり100万円以上)
団体信用生命保険料無料

※保険料無料のすべての病気・ケガを保障する全疾病保障特約に注目!

事務取扱手数料一律324,000円
楽天銀行の住宅ローン

 

住宅ローン借り換えランキング4位住信SBIネット銀行 住宅ローン(ネット専用住宅ローン)

変動金利の住宅ローンで常に低金利を提示し続けているのが住信SBIネット銀行です。住信SBIネット銀行の住宅ローンは、変動金利が低いだけでなく、「保証料」、「団体信用生命保険料」、「繰上げ返済手数料無料」が無料です。

また、住信SBIネット銀行の住宅ローンと言えば”全疾病保障”です。これはすべての病気やケガを費用負担なく保障を無料で付帯してくるサービスで、原因を問わず、働けなくなった場合などに住宅ローンの残高が保険金で支払われる保障のことです。万が一の病気やケガへの備えが無料でセットされているのは大きな魅力です。

 

住信SBIネット銀行の住宅ローンの変動金利は「新規借入」と「借り換え」で金利が違っていて、「借り換え」の方が低く設定されていて、特に借り換えの人には非常におすすめできる住宅ローンです。

「住宅ローンの金利低さ」・「住宅ローンを借り入れた後の便利さ」・「万が一の病気・ケガに備える安心感」など、総合力は高く、変動金利を選ぶときに選択肢の1つには加えておきたい住宅ローンの1つです。

なお、住信SBIネット銀行はその名の通り「三井住友信託銀行」と「SBIグループ」のグループ会社で企業規模・信頼感も申し分ありませんし、2018年10月から親会社の三井住友信託銀行の口座を開設すると年0.01%金利を優遇する取り組みもスタートしグループ間でのビジネス拡大にも積極的です。

金利変動金利:0.457%(新規借入)、0.428%(借り換え)
保証料無料
繰上げ返済手数料無料
※ただし、固定金利期間中に全額返済(完済)する場合のみ32,400円
団体信用生命保険料無料
※保険料無料のすべての病気・ケガを保障する全疾病保障に注目!
事務取扱手数料融資金額の2.16%(税込)
住信SBIネット銀行の住宅ローン

住宅ローン借り換えランキング5位SBIマネープラザ(ミスター住宅ローンREAL)

SBIマネープラザはインターネット経由の金融サービスを提供するSBIグループのサービスを店舗で提供する事業を行っている企業です。

SBIマネープラザでは、様々な住宅ローンを取り扱っていますが、その中でも注目したいのがミスター住宅ローンREAL。

ミスター住宅ローンREALを提供している銀行はネット銀行の住信SBIネット銀行です。ネット銀行の住宅ローンを店舗の専門スタッフに相談しながら借り入れできるというSBIマネープラザの存在意義を体現しているのがこの商品で、ミスター住宅ローンREALの商品性は住信SBIネット銀行のネット専用住宅ローンとほとんど同じです。

ネット専用住宅ローンと同じく無料で提供される注目のサービスが”全疾病保障”も無料で付帯されますので、原因を問わず働けなくなった場合などに住宅ローンの残高が保険金で支払われることになります。

 

SBIマネープラザであれば、この全疾病保障の詳細について専門スタッフに細かく質問できるのもメリットと言えるでしょう。

 

また、SBIマネープラザは店舗での申し込みですので、ネットよりも手続きのスピードが早く、あまり時間がない人にもおすすめできます。

借り入れ後は住信SBIネット銀行のネットバンキング画面から手数料無料で繰上返済することも可能で、借り入れ後の利便性についても申し分ありません。

金利変動金利:0.457%(新規借入)、0.428%(借り換え)
保証料無料
繰上げ返済手数料ネットで無料
団体信用生命保険料無料
事務取扱手数料融資金額の2.16%(税込)
SBIマネープラザ(MR.住宅ローンREAL)

サイト更新情報

住宅ローンの基礎

住宅ローンの借り換え

住宅ローンの審査特集

職業別の住宅ローン審査

年収別の住宅ローン審査

地域別おすすめ住宅ローン

取扱銀行一覧

トップに戻る