住宅ローン借り換えランキング!おすすめの住宅ローンは?

2019年3月1日

news-icon01

住宅ローン借り換えランキング!おすすめの住宅ローンは?

この特集ページでは借り換えにおすすめの住宅ローンをランキング形式で紹介しています。

 

※記事前半では最近の住宅ローン業界の動向や基本情報などを解説しています。すぐにおすすめ住宅ローンの確認したい人はこちらから。

 

2019年3月の住宅ローン業界の動向

2019年3月の住宅ローンは変動金利は据え置きとなりました。10年固定金利も大半の銀行で金利を据え置きとしていますが、目立つのはりそな銀行の金利引き下げです。また、固定金利タイプも大半の金融機関は据え置きとしていますが、フラット35が金利を引き下げたことでフラット35が固定金利タイプの最有力候補になったと言えます。

今月の借り換えにおすすめの住宅ローンは借り換え時に選ばれやすい人気の金利タイプの変動金利と10年固定金利のどちらも低金利のじぶん銀行です。また、10年固定金利と20年固定金利引き下げたりそな銀行、フラット35なら楽天銀行が引き続き最有力のフラット35申込先候補と言えるでしょう。

 

2019年3月におすすめの住宅ローン

住宅ローンの借り換えは最後は1つの住宅ローンを選ばなければなりませんが、その前にどのような金利タイプの住宅ローンを選ぶかを決める必要があります。ここで、住宅ローンの金利タイプの特徴を確認しておきましょう。

 

1.変動金利

変動金利タイプの特徴は金利の低さです。そのかわりに「金利が変動(上昇)」する可能性があります。今は低金利でも日本市場の金利が上昇した場合に、銀行が住宅ローンの金利の引き上げを判断して適用される金利があがる可能性(リスク)がある金利タイプです。金利があがると総返済額も増えますし、毎月の返済額が増えることになります。

逆に、日本の金利がそれほど上昇せずに住宅ローンの金利が上昇しなかった場合や多少上昇したとしてもその上昇幅が小さければ金利の低さから総返済額を少なくできるという特徴があります。

2.固定金利

住宅ローンの金利を確定して契約することで総返済額を確定させることができるタイプの住宅ローンです。変動金利と比較すると適用される金利は高くなりますが、住宅ローンの返済中に金利が変わることはありませんので、毎月の返済額も固定されます。金利を完全に固定できる安心感がある代わりに金利が高めに設定されているわけです。代表的な固定金利の住宅ローンはフラット35があります。フラット35は完済までの金利が確定するので総返済額も確定しています。(繰上返済して総返済額を減らすことは可能です)

3.当初期間固定金利

変動金利と固定金利の中間の金利タイプが当初期間固定金利です。期間選択型固定金利と呼ばれることもあります。この金利タイプは、「住宅ローンの借入開始から一定の期間」の金利を固定することができます。最初の2年固定・3年固定のように固定期間が短いものもあれば銀行によっては20年固定などの長めの期間の金利を固定できるタイプを用意していることもあります。基本的には固定する期間が長いと金利が高っていきます。この金利タイプの中で特に人気を集めているのは10年固定金利タイプです。

この金利タイプの多くは固定期間が終わった後の金利が高くなる商品が多いので、30年・35年と長い期間の借り入れになると総返済額が増える計算になることが多くなるというデメリットがあるので、「マイホーム購入時の新規借入時」は選ばれにくい傾向がありますが、残りの返済期間が短くなってきている借り換えの場合、「10年・15年・20年間の金利を低く固定できること」のメリットが大きくなりますので借り換えに向いている金利タイプと言えます。

 

借り換えにおすすめの金利タイプは?

変動金利・固定金利・当初固定金利に一長一短ありますので、最終的には考え方や状況によって変わってくるので全員におすすめできる金利タイプはありません。ただし、実際に人気を集めているのは「変動金利」と当初期間固定金利です。10年以上、日本の金利は低いままですし今後も急激に上昇していくとは考えていない人が増えていることがその要因です。

ちなみに、筆者は某ネット銀行の疾病保障付きの住宅ローンを変動金利と10年固定金利をミックスして5年ぐらい前に住宅ローンを借りました。当時、10年固定をミックスさせたのは、金利上昇に半分は備えたいと考えたのと、10年固定金利で借りた分はできるだけ繰上返済して10年後の金利上昇に備える作戦で行こうと考えたためです。

5年前も十分低い金利だと思っていましたが、最近は特に変動金利の水準が更に低下してきているので、今年、じぶん銀行の変動金利(がん100%団信付)に全て借り換えました。住宅ローンの金利が上昇する可能性は低いと考えを少し改めて変動金利の低金利に借り換えつつ将来のがんに対する備えを充実させることができたので今は満足しています。

 

各金融機関が他の住宅ローンに負けじと様々な住宅ローンを提供しており、誰にとっても1位の住宅ローンは存在しませんが、当サイトで人気を集めている住宅ローンをランキング形式で紹介していますので1つの参考としていただければと思います。

 

おすすめ住宅ローンランキング!!

このランキングは当サイトで紹介している各住宅ローンの詳細ページのアクセス数の多い住宅ローンをランキング形式に紹介しています。借り換え以外の新規借り入れを検討している人のアクセスも含まれますが、人気の住宅ローンは新規借り入れでも借り換えでも大きな差異はありませんので、借り換え先の比較検討に活用ください。
(2019年3月1日現在。金利等は当社サイト調べ、最新の金利などは各金融機関の公式ホームページでご確認をお願いします。)

住宅ローン借り換えランキング1位じぶん銀行の住宅ローン(au x 三菱UFJ銀行)

日本を代表するメガバンクである三菱UFJ銀行と同じく通信会社大手のKDDIが共同して設立したスマートフォン向けサービスに特化した新しいスタイルの銀行であるじぶん銀行。そのじぶん銀行が提供する住宅ローンは非常に魅力的な商品になっています。特に注目は変動金利と10年固定の金利水準。その低金利だけでも十分魅力的ですが、その中でも注目のサービスは「がん50%保障団信」と「全疾病保障」の2つがセットで提供されている点です。じぶん銀行の住宅ローンの50%保障団信の素晴らしい点は支払い条件が「がんと診断される」だけという非常にシンプルな設計になっている点です。がんと診断された時のことを想像してみてください。もし住宅ローンの残債が半分になれば、病後の不安の1つである金銭面の不安が緩和されることは間違いないですね。全疾病では病気や怪我で180日以上入院した場合に住宅ローン残高がゼロとなる保障です。じぶん銀行の競合である住信SBIネット銀行の全疾病保障は12ヶ月の就業不能(入院)を保障を条件としており、じぶん銀行の保障の条件が有利であることは明らかです。
もちろん、「保証料」、「団体信用生命保険料」、「繰上げ返済手数料無料」は無料です。

 

もう1つの強みは手続きのスピード感です。日本初のネット完結という手続きの簡便さで契約書が書面無しで完結しますので、審査までのスピードが非常に早い点も特徴の1つと言えるでしょう。
「金利」、「利便性」、「安心感」の総合面でトップクラスと言えるじぶん銀行の住宅ローン。借り換え候補としては有力な選択肢の1つと言えそうです。

金利変動金利:0.457%
10年固定金利:0.590%
保証料無料
繰上げ返済手数料無料
※ただし、固定金利期間中に全額返済(完済)する場合のみ32,400円
団体信用生命保険料無料
がんと診断されたら住宅ローンが半分になる”がん50%保障”、病気や怪我などの理由を問わず180日以上の入院をすると住宅ローン残高がゼロになる”全疾病保障”が費用負担なく付帯
事務取扱手数料融資金額の2.16%(税込)
じぶん銀行の住宅ローン

住宅ローン借り換えランキング1位au住宅ローン(au x 三菱UFJ銀行)

三菱UFJ銀行とKDDIが共同して設立したスマートフォン向けサービスに特化した新しいスタイルの銀行であるじぶん銀行が、au携帯電話利用者向けに提供しているau住宅ローンは非常に魅力的な商品になっています。商品スペックはじぶん銀行が提供する住宅ローンとまったく同じであり、注目は10年固定金利と変動金利の超低金利。その金利だけでも十分魅力的ですが、その中でも注目のサービスは「がん50%保障団信」と「全疾病保障」の2つがセットで提供されている点です。あう住宅ローンの50%保障団信の素晴らしい点は支払い条件が「がんと診断される」だけという非常にシンプルな設計になっている点です。がんと診断された時のことを想像してみてください。もし住宅ローンの残債が半分になれば、病後の不安の1つである金銭面の不安が緩和されることは間違いないですね。全疾病では病気や怪我で180日以上入院した場合に住宅ローン残高がゼロとなる保障です。じぶん銀行の競合である住信SBIネット銀行の全疾病保障は12ヶ月の就業不能(入院)を保障を条件としており、au住宅ローンの保障の条件が有利であることは明らかです。
もちろん、「保証料」、「団体信用生命保険料」、「繰上げ返済手数料無料」は無料です。

 

もう1つの強みは手続きのスピード感です。日本初のネット完結という手続きの簡便さで契約書が書面無しで完結するため、契約完了まで最短10日という驚くほどのスピード感には驚かされますね。
「金利」、「利便性」、「安心感」の総合面でトップクラスと言えるau住宅ローン。借り換え候補としては有力な選択肢の1つと言えそうです。

 

au住宅ローンはauユーザー向けに最大60ヶ月にわたり毎月500円がau walletというauが提供する電子マネーにキャッシュバックされる大変魅力的なサービスが付随されています。

また、2018年6月からはauでんきの同時利用でさらに10,000ポイントがプレゼントされるサービスも開始しています。

金利変動金利:0.457%
10年固定金利:0.590%
保証料無料
繰上げ返済手数料無料
※ただし、固定金利期間中に全額返済(完済)する場合のみ32,400円
団体信用生命保険料無料
がんと診断されたら住宅ローンが半分になる”がん50%保障”、病気や怪我などの理由を問わず180日以上の入院をすると住宅ローン残高がゼロになる”全疾病保障”が費用負担なく付帯
事務取扱手数料融資金額の2.16%(税込)
au住宅ローン

住宅ローン借り換えランキング2位りそな銀行 りそな借りかえローン (WEB限定)

メガバンク3行・ゆうちょ銀行に次ぐ規模を誇る大手銀行の1つであるりそな銀行。りそな銀行は住宅ローンに力を入れている大手銀行として有名でしたが、インターネット専業銀行に対抗する形で提供を開始したのが、りそな借り換えローン(WEB限定)。なんといっても驚異的なのはその金利の低さです。変動金利・10年固定金利共に非常に低い金利を提示しています。

 

また、りそな借り換えローンは保証料無料・繰り上げ返済手数料無料。金利以外の面もネット銀行と同等レベルのサービスを提供しています。りそな銀行独自の疾病保障が付帯する団信や女性専用住宅ローンなど、りそな銀行ならではの住宅ローンも利用可能です。「金利面」「付帯サービス面」「充実した店舗網を持つ安心感」全てがそろった住宅ローンと言えるでしょう。

金利変動金利:0.429%

10年固定金利:0.600%

20年固定金利:0.950%

(2019年3月適用金利)

保証料無料(「32,400円(税込)+別途融資手数料(お借入れ金額の2.16%、消費税等込み)をお支払いいただきます。」)
繰上げ返済手数料一部無料(※Webコミュニケーションサービス「マイゲート」のご利用が条件で無料となります。 ※詳細は公式ページをご確認ください。)
団体信用生命保険料込み
事務取扱手数料32,400円(税込)+お借入れ金額(元金)×2.16%(税込)
りそな銀行の住宅ローン

住宅ローン借り換えランキング3位住信SBIネット銀行 住宅ローン(ネット専用住宅ローン)

変動金利から固定金利まで業界性低水準の金利の提供を続ける住信SBIネット銀行。金利が低いだけでなく、「保証料」、「団体信用生命保険料」、「繰上げ返済手数料無料」が無料。表面上の金利だけでなく金利面以外でも非常に優れた商品性の住宅ローンを提供しています。

住信SBIネット銀行の住宅ローンで特に注目なのは”全疾病保障”です。これはすべての病気やケガを費用負担なく保障を無料で付帯してくるサービスで、原因を問わず、働けなくなった場合などに住宅ローンの残高が保険金で支払われる保障が付帯しています。万が一の病気やケガで収入が途絶えるような場合に備えられるというわけです。

 

また、インターネット銀行なので来店不要ですし電話と郵送だけで住宅ローンの申し込みから審査・契約まで完了することができます。忙しい住宅ローン契約世代の皆様にとって利便性が高いと言えるでしょう。

 

「住宅ローンの金利低さ」、「住宅ローンを借り入れた後の便利さ」、「万が一の病気・ケガに備える安心感」。総合力が非常に高く、間違いなく住宅ローンの借り入れ・借り換えを検討する時の選択肢に加えるべき住宅ローンの1つと言えるでしょう。

また、2018年10月から親会社の三井住友信託銀行の口座を開設すると年0.010%金利を優遇する取り組みもスタートし、さらに注目を集めることになりそうです。

金利変動金利:0.428%(借り換え限定)
10年固定金利:0.710%
保証料無料
繰上げ返済手数料無料
※ただし、固定金利期間中に全額返済(完済)する場合のみ32,400円
団体信用生命保険料無料
※保険料無料のすべての病気・ケガを保障する全疾病保障”に注目!
事務取扱手数料融資金額の2.16%(税込)
住信SBIネット銀行の住宅ローン

住宅ローン借り換えランキング4位楽天銀行 フラット35

楽天銀行は「住宅金融支援機構」と「民間の住宅ローン事業者(銀行・金融機関)」が提携して提供している「フラット35」を提供しています。まず、楽天銀行の「フラット35・フラット35S」は借り換えにも対応し、毎月フラット35の中での最低水準の金利で提供されています。フラット35の最大の特徴は、最長で35年まで固定できる点。今の低金利を住宅ローンの全借入期間に反映させたいと考えている人はフラット35は有力な選択肢です。楽天銀行であれば、インターネットで繰上げ返済時の手数料も無料(期間短縮型を選択した場合)です。また、大手銀行では通常数十万円必要な「保証料」も無料です。

2018年8月には2018年 オリコン顧客満足度ランキング 住宅ローン」の「全期間固定・フラット35」部門において第1位になったと発表しており、実際に楽天銀行でフラット35を借りた方の高い満足が裏付けられてます。

楽天銀行は、フラット35取り扱い金融機関の中で常に低い金利を提供しているだけでなく、住宅ローンの返済口座に楽天銀行の銀行口座を指定すると住宅ローン取扱事務手数料が圧倒的に安い0.972%になり、事務手数料の面でも業界最低水準ですので、フラット35への借り換えを検討するなら楽天銀行は必ず選択肢に入ってくると言えますね。

金利固定金利:20年まで 1.220%、20年超 1.270%
保証料無料(制度上国が保障するため)
繰上げ返済手数料無料(インターネット、期間短縮型を選択した場合)
団体信用生命保険料込み(加入しない場合は金利が-0.20%)
事務取扱手数料借入金額の0.972%~
楽天銀行の住宅ローン

住宅ローン借り換えランキング4位楽天銀行(金利選択型・変動金利)

フラット35の販売に積極的だった楽天銀行が2013年11月に取り扱いを開始しているのが楽天銀行独自の住宅ローンである「金利選択型」です。金利選択型住宅ローンの特徴は全疾病保障が無料付帯し、大手銀行では通常数十万円必要な「保証料」も無料です。

全疾病以外にも失業保障・入院保障特約も取り扱っており、失業・入院時の月々の住宅ローン返済が保険金でカバーすることができます。

また、ネット専業銀行やフラット35の借入れ時に大きな負担となる融資事務手数料が324,000円の一律である点に注目です。フラット35は、低金利で利用しようとした場合、一般的に融資事務手数料は融資額の2.16%必要となるため、1,500万円以上の借り換えであれば楽天銀行の金利選択型の融資事務手数料に割安感があります。

事務手数料が固定で金利も低く全疾病保障が無料で付帯する楽天銀行の金利選択型住宅ローンは年収400万円以上の審査基準が設けられていますので誰でも利用できるわけではありませんが、この年収基準をクリアできるのであれば申込候補に加える価値のある住宅ローンです。

金利変動金利:0.527%、10年:1.048%
保証料無料
繰上げ返済手数料無料(1回当たり100万円以上)
団体信用生命保険料込み
事務取扱手数料一律324,000円
楽天銀行の住宅ローン

住宅ローン借り換えランキング5位SBIマネープラザ(MR.住宅ローンREAL)

SBIマネープラザは日本を代表するSBIグループの最先端の金融サービスを専門家に相談しながら利用できる店舗サービスを提供している企業です。SBIマネープラザ取り扱う住宅ローンはMR.住宅ローンREAL。住宅ローンの提供元は住信SBIネット銀行。つまり、ネット銀行の住宅ローンを店舗の専門スタッフに相談しながら借り入れできる点が大きな特徴です。MR.住宅ローンREALの商品性は住信SBIネット銀行のネット専用住宅ローンとほとんど同じですが、金利タイプによって金利が異なるので注意しましょう。

なお、ネット専用住宅ローンと同じく無料で提供される注目のサービスが”全疾病保障”。これはすべての病気やケガを費用負担なく保障を無料で付帯してくる住信SBIネット銀行ならではのサービスです。原因を問わず働けなくなった場合などに住宅ローンの残高が保険金で支払われる保障が付帯しているもので、住宅ローン返済中の不安を大幅に軽減してくれるのは言うまでもありません。SBIマネープラザであれば、この全疾病保障の詳細について専門スタッフに細かく質問できるのもメリットですね。

SBIマネープラザは店舗での申し込みですので、ネットよりも手続きのスピードが早く、あまり時間がない人にもおすすめできます。なお、住宅ローン相談できるスタッフが必ずいるとは限りませんので、必ず公式サイトから来店予約してから来店するようにしましょう!(なお、MR.住宅ローンREALは住宅ローンの審査の結果で0.1%の金利が上乗せになる可能性があります。最優遇金利を提示してもらえないと、住信SBIネット銀行のネット専用住宅ローンの方が有利な金利になりますので、住宅ローンの審査に絶対の自信がある人を除いて、ネット専用住宅ローンと両方に申し込んでおくことをおすすめします)

金利変動金利:0.428%(借り換え限定)
10年固定金利:0.710%
保証料無料
繰上げ返済手数料ネットで無料
団体信用生命保険料無料
事務取扱手数料融資金額の2.16%(税込)
SBIマネープラザ(MR.住宅ローンREAL)

住宅ローン借り換えランキング5位新生銀行の住宅ローン

新生銀行の住宅ローンは住宅ローン残高1兆円を超え、独自の商品性で人気を集めている住宅ローンです。まず、借り換えを行う時に必要な初期費用が業界最低水準の低さです。54,000円~の事務手数料、保証料無料で最初に用意しなければならない初期費用を非常に低く抑えることができます。もちろん、一部繰り上げ返済手数料無料はもちろん、理由を問わず要介護状態(3以上)になった時に住宅ローンの残債がゼロになる安心パックへの加入も事務手数料54,000円を上乗せするだけで加入でき、将来に備える事ができる点もその魅力の1つと言えるでしょう。

また、新生銀行は様々なキャンペーンを打ち出し、金利や手数料が割引になったり、申込み時に申請することでTポイントが大量に貯まるなど、近年に登場したネット銀行とも一線を画した住宅ローンを提供しています。

また、新生銀行の場合、ネットで申し込んだ後に店舗で相談できる点もネット銀行にはない1つの魅力と言えるでしょう。

「保証料」、「団体信用生命保険料」は無料、インターネットから手数料無料で一部繰上げ返済手数料できます。新生銀行の住宅ローンは表面上の金利は高く見えてしまいますが、金利・利息以外で必要な費用を極力抑えていますので、総返済額は超低金利住宅ローンと比べてもそん色ない水準です。借入先(特に借り換え先)の候補としてピックアップしておくべき住宅ローンの1つと言えるでしょう。

金利固定金利:10年1.000%
固定金利:20年1.450%
保証料無料
繰上げ返済手数料ネットで無料
団体信用生命保険料無料
事務取扱手数料54,000円~
新生銀行の住宅ローン

住宅ローン借り換えランキング6位ARUHI(旧SBIモーゲージ)フラット35

ARUHIのフラット35は「住宅金融支援機構」と提携して提供している住宅ローンであり、ARUHIはフラット35を使う金融機関の中でフラット35の取り扱い件数6年連続1位となっています。ARUHIの「フラット35・フラット35S」は借り換えにも対応し、毎月フラット35の中での最低水準の金利で提供されています。フラット35の最大の特徴は、最長で35年まで固定できる点。今の低金利を住宅ローンの全借入期間に反映させたいと考えている人はフラット35は有力な選択肢です。ARUHIであれば、インターネットで繰上げ返済時の手数料も無料(期間短縮型を選択した場合)です。また、大手銀行では通常数十万円必要な「保証料」も無料です。

金利固定金利:20年まで 1.220%、20年超 1.270%
保証料無料(制度上国が保障するため)
繰上げ返済手数料無料(インターネット、期間短縮型を選択した場合)
団体信用生命保険料込み(加入しない場合は金利が-0.20%)
事務取扱手数料借入金額の1.08%~(Web事前審査/Web本申込)
ARUHIの住宅ローン

サイト更新情報

住宅ローンの基礎

住宅ローンの借り換え

住宅ローンの審査特集

職業別の住宅ローン審査

年収別の住宅ローン審査

地域別おすすめ住宅ローン

取扱銀行一覧

トップに戻る