消費税増税延長で住宅ローン減税なども延長を検討

2016年7月19日

news-icon01

消費税増税延長で住宅ローン減税なども延長を検討

<2018年10月15日追記>

2018年10月15日に安倍総理が2019年10月に消費税を10%に増税すること、その為の経済刺激対策を検討することを公式に指示しました。

こちらの記事に記載の通り過去2回に渡って延長された消費税10%の増税がついに実行に移されることになりました。

最新の消費税増税と増税が住宅ローン金利に与える影響に関する記事はこちら

 

 

消費税増税タイミングは見直しへ

消費増税の延期に対応するため関連する税制の見直しの調整に入りました。

政府は17年4月に消費税率を10%に上げる前提でいくつかの税制を改正し、今年の通常国会で法整備を終えました。増税の前提が崩れ、予定通り改正するか時期を遅らせるかを議論する必要が生じています。今後、与党の税制調査会で方針を固め、秋の臨時国会で必要な法改正をする見通しです。

 

住宅ローンなど関連する金融政策は?

実施時期を見直すもののなかで、住宅の購入に関わる税制がやはり気になるところです。

贈与税に関する税制

子や孫に住宅の購入資金を渡した際に贈与税をかからなくする制度では、現行で最大1200万円の非課税枠を16年10月~17年9月に最大3000万円に上げることになっていますが、高額な支出になる住宅は増税後の冷え込みが大きく、影響が最も出やすい時期に非課税枠を拡大する設計にしていため、増税の先送りに合わせ3000万円に上げる時期を19年4月に遅らせる事になりそうです。

住宅ローンに関する税制

住宅の購入資金の借入残高に応じて所得税を減らす住宅ローン減税も制度の終了時期を2年半延長する方向で調整に入るようです。
10年間で最大500万円分の税金を差し引ける仕組みを増税前後にも続けられるようにするようです。15年10月の10%への増税が1年半先送りされた際にも、同じように1年半延長しました。

 

すまいの給付金も延長か?

また、住宅ローン減税の拡充による負担軽減効果が十分に及ばない収入層に対して、住宅ローン減税とあわせて消費税率引上げによる負担の軽減をはかるためのに、消費税率が8%時は収入額の目安が510万円以下の方を対象に最大30万円を、10%時は収入額の目安が775万円以下の方を対象に最大50万円を給付するすまい給付金も、増税の延期に合わせて延長になると思われます。

今後も住宅ローン減税などの税制の改正が正式に決まり次第、当サイトでもお知らせする予定です。

2016年7月に大幅に住宅ローン金利を引き下げたおすすめの住宅ローン

りそな銀行
借り換え専用ローン「りそな借りかえローン」はWEB申込み限定で、10年固定金利が0.400%の優遇金利を受けることができます。当サイトの金利比較表でもトップの金利の低さです。借り換えをお考えの方に強くおすすめする住宅ローンです。

住信SBIネット銀行
10年固定金利が、0.510%と新規の借入れではトップの低金利です。また、20年固定金利でもフラット35より低い0.790%まで引下げています。しかも、「8疾病保障」が無料で付帯し、低金利と手厚い保障を兼ね備えたおすすめの住宅ローンです。

じぶん銀行
変動金利が0.497%と変動金利史上最低金利を実現する超低金利のうえ、「がんと診断されるだけ」という保障を受ける条件がとんでもなく低い「がん50%保障団信」が無料で付帯することで他の銀行をリードし人気を集めている住宅ローンです。


サイト更新情報

住宅ローンの基礎

住宅ローンの借り換え

住宅ローンの審査特集

職業別の住宅ローン審査

年収別の住宅ローン審査

地域別おすすめ住宅ローン

取扱銀行一覧

トップに戻る