秋田県でおすすめの住宅ローン比較ランキング

秋田県でおすすめの住宅ローン比較ランキング

(2018年12月)

この特集ページでは秋田県で利用できるおすすめの住宅ローンを紹介します。秋田県で営業する大手銀行は「秋田銀行」「北都銀行」それに次ぐ形で「羽後信用金庫」と「秋田信用金庫」が続いています。「秋田銀行」「北都銀行」が銀行サービス全体としては大幅なシェアを確保しており、住宅ローンについてもこの2つの銀行を利用している人が多い状況ですね。

参考までに4つの金融機関の預金残高(2017年3月末時点)をご紹介いたしますが、岩手銀行・北都銀行のシェアが圧倒的な状況です。

<秋田県の銀行・信用金庫の預金残高>

銀行名預金残高
秋田銀行25,707億円
北都銀行(単体)12,176億円
羽後信用金庫1,382億円
秋田信用金庫1,292億円

秋田銀行の住宅ローン

北都銀行は山形県を営業基盤とする荘内銀行と経営統合しており、連結では秋田銀行とほぼ同等の預金規模になりますので、まさに2強と言ったところでしょうか。

 

<ネット銀行の住宅ローンも選択肢に>

どの都道府県でも同じことがいえるのですが、やはり地方都市、いわゆる田舎に住んでいる人たちになかなか浸透しないのがネット専業銀行の利用です。地方に行くと、どうしてもそのエリアで営業している地方銀行の店舗が多くある通り、やはりそのエリアの地方銀行の口座を利用している傾向があります。もちろん、そのエリアで利便性の高い地銀の口座を利用することを否定するわけではありませんが、インターネット銀行を第2、第3の銀行口座として検討することは非常に大きいメリットがあります。ATM手数料などが無料だったり、地銀よりも一歩先を進んだ銀行サービスを提供している傾向があるためです。もちろん、ネット銀行なのでどこからでも平等に使えるという点がメリットであり、秋田県に住んでいても、全く不自由することなく利用できます。都道府県を問わない住宅ローンのランキングはこちらのページで紹介していますので合わせて参照してください。

 

秋田県で利用可能な主な住宅ローン一覧

※住宅ローンの金利やサービス内容は各金融機関のホームページなどでご確認をお願いします。

まず最初に、ネット銀行は確かに首都圏を中心に利用者を拡大してるわけですが、秋田県に住んでいても全く問題なく利用できるという点を最初にご理解いただければと思います。むしろ、コンビニATM手数料が無料になるサービスを提供していたり、利便性は地銀を上回るほどです。

住宅ローンについても同様です。都市部では住宅ローンの金利引き下げ競争が進み、ネット銀行と大手銀行が凌ぎを削っています。金利引き下げ競争があまり進まない地方の場合、住宅ローンの競争は首都圏ほどではありません。

競争が進まないということは私たち消費者に提供される住宅ローン金利の低下や新しいサービスが誕生しにくいことを意味しており、地銀の住宅ローンはどうしても金利が高かったり、疾病保障などの新しいネット銀行の住宅ローンでは無料で付帯するようなサービスも付帯していなかったりするわけです。

実は地方に住んでいる人ほど、インターネット専業銀行を積極的に利用するメリットが大きいのではないかと考えています。その状況は秋田県にもあてはめても同様です。

 

(まず、以下のリンクから最新の住宅ローン金利を確認して比べてみてください。金利比較ランキングで上位に食い込む人気のネット銀行を中心に紹介させていただいています。地方銀行では提供していない独自のサービスとその金利差をご理解いただけるのではないかと思います。)

 

金融機関名住宅ローン金利一部繰上
返済手数料
保証料
じぶん銀行最新の金利を確認無料無料
au住宅ローン最新の金利を確認無料無料
住信SBIネット銀行最新の金利を確認無料無料
新生銀行最新の金利を確認無料無料
ソニー銀行最新の金利を確認無料無料
楽天銀行最新の金利を確認無料無料
住信SBIネット銀行最新の金利を確認無料無料
アルヒ最新の金利を確認無料無料
みずほ銀行最新の金利を確認無料
三菱UFJ銀行最新の金利を確認無料
三井住友銀行最新の金利を確認無料
秋田銀行最新の金利を確認有料
北都銀行最新の金利を確認有料
羽後信用金庫最新の金利を確認有料
秋田信用金庫最新の金利を確認有料

 

それにしても地場の金融機関の住宅ローン金利は横並びですね・・・

やはり地銀や信金の住宅ローン金利は、ネット銀行の住宅ローンに比べると高く設定されている傾向があります。

今、人気を集めている変動金利や10年固定金利双方で金利差も大きいままです。加えて、楽天銀行(金利選択型)住信SBIネット銀行の全疾病保障やじぶん銀行のがん50%保障団信のように将来に備えるサービスが無料で付帯するようなサービスもありません。

 

地方の経済を支える役割を担う地方銀行や信用金庫は、地域住民にとって優れた金融サービスを提供し続ける役割があると考えています。住宅ローンに関しては残念ながら最新の住宅ローンとの差はまだまだ大きいと言わざるを得ず、今後の商品性の向上に期待したいところです。

 

ネット銀行って何か不安だし、利用できる気がしない・・・などと思わずに積極的に最新のネット銀行の住宅ローンも検討候補にいれるようにしましょう。良い金融サービスを選ぶことはご自身とご家庭の将来の生活にとっても非常に有意義です。しっかりと住宅ローンを比較検討してお得な、そしてご自身にあった住宅ローン選びを心がけましょう。


サイト更新情報

住宅ローンの基礎

住宅ローンの借り換え

住宅ローンの審査特集

職業別の住宅ローン審査

年収別の住宅ローン審査

地域別おすすめ住宅ローン

取扱銀行一覧

トップに戻る