イオン銀行 住宅ローンの最新の金利と金利推移について

2020年1月10日

news-icon01

【速報】イオン銀行 住宅ローンの最新の金利と金利推移

 

イオン銀行の住宅ローン金利(2020年4月9日申し込み分まで)

イオン銀行が2020年4月9日までに仮審査申込した人向けの住宅ローン金利を発表しました。イオン銀行では他の銀行と異なって毎月10日を基準に適用される金利が変更になる仕組みです。

 

それでは、今月~来月前半申込分のイオン銀行の住宅ローンの金利を確認しておきましょう。

 

一般的な金融機関では毎月1日にその月の住宅ローン金利を発表しますが、申込基準ではなく「契約基準」です。イオン銀行の場合、申込日基準になっていて、今回発表された金利は2020年12月末まで融資実行に適用されるということで、実質的にかなり先に契約する分までの金利を発表していることになります。

 

一般的な住宅ローンの場合、申込から契約まで時間がかかる場合、例えばマンション購入予定で竣工・引き渡し(≒住宅ローンの契約実行)まで数カ月程度ある場合、契約タイミングで住宅ローンの金利が上昇してしまう可能性があります。2020年12月までの契約分の金利を確定できるのがイオン銀行の住宅ローンの大きなメリットです。万が一、金利が上昇した場合にイオン銀行の住宅ローンがその時点で候補に残っていると選択肢の幅が広がる可能性があります。

 

 通常(疾病保障無し)8疾病保障付き
変動金利(新規借入)年0.520%年0.820%
変動金利(借り換え)年0.450%年0.770%
3年固定金利年0.430%年0.730%
5年固定金利年0.550%年0.850%
10年固定金利年0.690%年0.990%

※2020年1月10日にイオン銀行ホームページにて確認。なお、変動金利は「金利プラン」、3年~10年固定は「当初固定金利プラン」の金利です。

 

イオン銀行の住宅ローンの変動金利・10年固定金利の金利水準は地方銀行などと比較するとかなり低い水準にありますが、ネット銀行、例えば、じぶん銀行の住宅ローンの変動金利(年0.457%/全期間引下げプラン)・10年固定金利(年0.570%/当初期間引下げプラン)やジャパンネット銀行の住宅ローン(年0.399%)・10年固定金利(年0.620%)と比較すると高めの設定となっています。

※金利はいずれも2020年1月適用金利

 

ポイントは2021年3月31日まで借り入れた人に適用される「長めの適用期間」ということです。物件建築中で融資実行がまだ先になる予定の人に与える安心感は大きいと言えますので、理想はイオン銀行よりも金利が低いネット銀行の住宅ローンに申し込みつつ、契約時点で金利があがってしまう場合に備えてイオン銀行の住宅ローンにも申し込んでおくことです。

 

 

イオン銀行について

イオン銀行は2017年1月に発表された日本経済新聞の金融機関ランキングで『顧客満足度1位』を獲得するなど、ATM手数料が24時間365日無料で、店舗も土日祝日も営業しているなどの高い利便性が評価され、今では600万口座を超えるほどまで利用者を増やしています。

 

なお、イオン銀行はイオングループとのサービス連携に積極的です。例えば、イオン銀行の住宅ローンには「イオングループでの毎日の買い物がいつでも5%OFFになるサービス」が無料でセットされ、イオングループならではのサービスとして人気を集めています。

第13回日系金融機関ランキングでイオン銀行がお客様満足度第1位

 

イオン銀行の住宅ローン金利推移は?

イオン銀行の住宅ローンは金利変動が少ないことも特徴の1つです。以下は2017年に入ってからのイオン銀行の住宅ローン金利推移ですが、約2年間の中で変動金利は1回、10年固定金利も数回しか変更していません

 

住宅ローンは申込タイミングではなく契約タイミングの金利が適用されます。例えば、来年3月に契約する予定で住宅ローンに今申し込んでも3月にならないと適用される金利はわかりません。

 

イオン銀行の住宅ローンであれば、金利が上がるのか下がるのか一喜一憂する必要はほとんどありませんので、安心感がある金利設定(金利変更ルール)を行っていると言えます。

 

 

変動金利

(金利プラン)

10年固定金利

(当初固定金利プラン)

2020年1月0.520%0.690%
2019年12月0.520%0.690%
2019年11月0.520%0.690%
2019年10月0.520%0.690%
2019年9月0.520%0.690%
2019年8月0.520%0.690%
2019年7月0.520%0.690%
2019年6月0.520%0.740%
2019年5月0.520%0.740%
2019年4月0.520%0.740%
2019年3月0.520%0.740%
2019年2月0.520%0.740%
2019年1月0.520%0.740%
2018年12月0.520%0.740%
2018年11月0.520%0.740%
2018年10月0.520%0.740%
2018年9月0.570%0.690%
2018年8月0.570%0.690%
2018年7月0.570%0.690%
2018年6月0.570%0.690%
2018年5月0.570%0.690%
2018年4月0.570%0.690%
2018年3月0.570%0.690%
2018年2月0.570%0.690%
2018年2月0.570%0.690%
2018年1月0.570%0.690%
2017年12月0.570%0.690%
2017年11月0.570%0.690%
 2017年10月0.570%0.690%
2017年9月0.570%0.690%
2017年8月0.570%0.690%
2017年7月0.570%0.690%
2017年6月0.570%0.690%
2017年5月0.570%0.590%
2017年4月0.570%0.590%
 2017年3月0.570%0.590%
2017年2月0.570%0.590%
2017年1月0.570%0.590%

※新規借入時の住宅ローン金利。借り換えやキャンペーン金利は反映していません。

 

イオン銀行の住宅ローンの最大の特徴「イオンセレクトクラブ」

最後にイオン銀行の住宅ローンの最大の特徴と言える「イオンセレクトクラブ」について解説しておきます。

イオン銀行で住宅ローンを借りると無料で「イオンセレクトクラブ」の会員になることができます。このイオンセレクトクラブは、普段接する機会が多いイオングループをオトクに利用できる特典が揃っています。

イオン銀行の住宅ローンは、低い金利も魅力的ですが、金利だけでなく「イオングループの銀行」ならではの特典があるのも大きなメリットです。

その中でも最大のメリットは「イオングループでの買い物が毎日5%OFF」になるというもので、イオンやダイエーはもちろん、マックスバリュ・まいばすけっとなどのイオングループで最大で5年間オトクに買い物することができます。

イオン銀行の住宅ローン利用者特典

 

イオングループでの買い物特典の内容

期間中に対象店舗で専用のクレジットカードでお買物をした場合に5%の割引を受けられます。ただし、割引対象になる年間の買い物金額に上限があることと、この特典を利用できるのは借り入れから5年間なので注意しましょう。

住宅ローンの当初お借入れ金額が1,000万円以上2,000万円未満の場合
45万円/年・・・平均で3.75万円/月
住宅ローンの当初お借入れ金額が2,000万円以上の場合
90万円/年・・・平均で7万円/月

その他の特典

  • 定期預金の金利優遇
  • イオンカードセレクトの特典
  • イオンゴールドカードセレクトを発行
  • その他イオングループ各社からの特典あり

 

ライバルのじぶん銀行の最新動向

2019年3月からライバルのじぶん銀行がこれまでのがん保障に加えて、精神障害を除く全ての病気や怪我を保障する『全疾病保障』を追加で付帯するサービスの提供を開始しています。

この商品改定によって、ソニー銀行や住信SBIネット銀行と比較してもじぶん銀行の住宅ローンが頭1つ抜け出していると言えます。イオン銀行が今後どのようにじぶん銀行に対抗してくるか注目です。

じぶん銀行の住宅ローン金利はイオン銀行より安いので、じぶん銀行への審査申し込みも平行して行ってみてはいかがでしょうか。

じぶん銀行の全疾病保障の詳細はこちら

じぶん銀行の住宅ローンはがん保障と全疾病をダブルで無料付帯

 

イオン銀行以外の変動金利の動向

 変動金利特徴
ジャパンネット銀行0.399%(全期間引下型)ヤフーのグループ会社が超低金利のネット住宅ローンの取り扱いを開始!
個人事業主・自営業、同族企業にお勤めの方は申込不可。
新生銀行0.450%
(変動フォーカス)
変動フォーカスの場合。すべてのケガや病気による介護保障が無料で付帯。
じぶん銀行借り換え時;年0.410%、新規購入時;0.457%(全期間引下げプラン)がんと診断されるだけで住宅ローン残高が半分になる保障とすべてのケガや病気を保障する全疾病保障が無料でW付帯。保証料は無料。
au住宅ローン借り換え時;年0.410%、新規購入時;0.457%(全期間引下げプラン)じぶん銀行の住宅ローンに毎月500円相当のau WALLETがキャッシュバック。保証料は無料。
ミスター住宅ローンREAL(住信SBIネット銀行)※20.415%(通期引下げプラン)すべてのケガや病気を保障する全疾病保障が無料で付帯。SBIマネープラザの店舗で相談して申し込み可能。保証料は無料。
住信SBIネット銀行※10.415%(通期引下げプラン)すべてのケガや病気を保障する全疾病保障が無料で付帯。保証料は無料。
楽天銀行 金利選択型0.527%~事務手数料固定・保証料無料でこの金利!すべてのケガや病気を保障する全疾病保障が無料で付帯。保証料は無料!
金利は2020年1月時点
※1 審査結果によっては、金利に年0.1%上乗せとなる場合があります
※2 審査結果によっては、金利に年0.1%~年0.3%上乗せとなる場合があります


 

イオン銀行の住宅ローン関連記事


サイト更新情報

住宅ローンの基礎

住宅ローンの借り換え

住宅ローンの審査特集

職業別の住宅ローン審査

年収別の住宅ローン審査

地域別おすすめ住宅ローン

取扱銀行一覧

トップに戻る