楽天銀行 住宅ローンの団信について

2019年4月11日

news-icon01

楽天銀行 住宅ローンの団信について

楽天銀行では「フラット35」と「金利選択型」の2つの住宅ローンを取り扱っています。

この特集ページでは楽天銀行が取り扱う2つの住宅ローンを利用する時に加入できる団信(団体信用生命保険)の内容について解説しています。

 

最初に団信の仕組みと目的についてかんたんに確認しておきましょう。

 

団信(団体信用生命保険)について

楽天銀行の団体信用生命保険(団信)の概要

 

団信とは団体信用生命保険の略称で、その名の通り”生命保険の一種”です。

 

生命保険とは死亡または高度障害になった時に保険金を受け取れることができる保険商品です。保険金の金額は契約時に決定します。死亡時以外にも両目の視力を失ったり、言葉を話せなくなったり、両手や両足を失うなどの高度障害と言われるかなり重い障害を負うことになった場合も保険金を受け取ることができます。

 

この生命保険の保険金を「住宅ローンの残高」にして、死亡または高度障害時に住宅ローンの残高が保険金で支払ってくれる保険が団信ということになります。

 

団信は、住宅ローン利用者が死亡したり高度障害になった時に家族がマイホームを手放さずに済むようにする対策になっていると共に、住宅ローンを貸し出す金融機関としても貸し倒れのリスクを低減する効果がありますので、基本的には住宅ローンを契約する時には団信への加入が必須となっています。

 

 

楽天銀行のフラット35と金利選択型の団信・疾病保障の比較

楽天銀行(フラット35)楽天銀行(金利選択型)
団信の名称新機構団体信用生命保険全疾病特約付団体信用生命保険
保険引き受け先 18社による共同引き受け(詳細は文末参照)

マイホーム所在地で引受保険会社が変わる

 楽天生命
 加入可能年齢満15歳以上満70歳未満 満20歳以上および満65歳以下
保障期限満80歳まで 満80歳まで
団信の保障内容下記の場合に保険金が支払われ住宅ローン残高がゼロになる。

①死亡したとき

②身体障害者福祉法に定める障害の級別が1級または2級の障害に該当し、身体障害者手帳の交付を受けたとき

下記の場合に保険金が支払われ住宅ローン残高がゼロになる。

①死亡したとき

②所定の高度障害状態となったとき

③余命6ヶ月と宣告された時

デュエット(夫婦連生団信)加入可能(年0.18%の金利上乗せ)加入可能(年0.20%の金利上乗せ)
疾病保障3疾病特約の付帯可能(年0.24%の金利上乗せ)全疾病保障が無料で付帯
疾病保障の保障内容 ガンと診断される、心筋梗塞で60日以上の就業を制限される状態が継続もしくは所定の手術を受けたとき、脳卒中で60日以上の障害が残った場合もしくは所定の手術を受けた場合病気や怪我などの症状を問わず就業不能が1年継続する住宅ローン残高がゼロになる。
保険料(料金) 無料 無料(全疾病も無料)

 

フラット35の新機構団信について

楽天銀行のフラット35では、住宅金融支援機構が提供するフラット35専用の団信である「新機構団体信用生命保険」に加入することができます。この団信は2017年10月に保障範囲が拡大されていて、通常の団信よりも保障範囲が広くなっていますので少し補足しておきたいと思います。

違いは、先ほど説明した「高度障害保障」が「身体障害保障」に拡大されていることです。

 

この身体障害保障は「高度障害保障」よりも保障範囲が広くなっていて「身体障害手帳の1級もしくは2級の交付を受けること」が条件になっています。1級または2級の交付条件の詳細は厚生労働省のホームページの身体障碍者障害程度等級表(身体障害者福祉法施行規則別表第5号)に詳しく記載されていますが、「高度障害状態」よりはかなり幅広い状態に範囲が拡大されていることがわかります。

 

<参考>新機構団信パンフレット抜粋

フラット35の団信の身体障害保障

※クリックすると拡大画像が表示されます。

 

楽天銀行のフラット35の団信について詳しくはこちら

 

団体信用生命保険料の保険料は無料

楽天銀行のフラット35、金利選択型ともに団信の料金は無料です。正確には住宅ローンの金利に含まれています。

なお、フラット35は団信への加入が任意なので加入しないという選択肢があります。その場合、団信加入時よりも年0.2%低い金利で借り入れることができます。

営利目的の住宅ローンの場合、住宅ローン契約者が死亡してしまった時のリスクを団信で回避しなければなりませんが、フラット35は非営利目的の独立行政法人の住宅金融支援機構が提供するしていることもあり団信への加入が任意になっています。

 

金利選択型の全疾病保障特約について

金利選択型住宅ローンに付帯される団信は通常の団信だけでなく、ガン、脳卒中、心筋梗塞、糖尿病、高血圧、肝硬変、慢性膵炎、慢性肝臓病などの8疾病はもちろん、全ての病気や怪我で働けない状態になった時に保険金が支払われる全疾病保障と呼ばれている特約が無料で付帯されています。

楽天銀行 住宅ローン(金利選択型)の全疾病保障の内容
この全疾病保障特約には、就業不能状態が1年以上続くと住宅ローンの残高が0円になるだけでなく、1年経過するまでの間の毎月の返済も保障される保障も無料でセットされいますので、万が一の病気やケガに備えることができる大きなメリットがあります。

楽天銀行の全疾病保障について詳しくはこちら

 

楽天銀行のフラット35・金利選択型に付帯可能な失業、入院保障

また、楽天銀行ではフラット35・金利選択型の双方に独自の保障を付帯することができますので紹介しておきます。

まず1つ目は失業保障。これは失業時の住宅ローン返済を保障してくれるものです。倒産、リストラ、解雇など非自発的な失業時に最長6ヶ月間の住宅ローンを保険金で支払ってくれます。最長6ヶ月ですが、住宅ローン完済まで36ヶ月分を保障してくれます。

この保険は雇用保険に加入できない代表取締役や会社役員でも加入できるので雇用保険に加入できていないことに不安を覚えている人は同時に加入しておくと良いでしょう。

 

2つ目は入院保障。これも失業保障と同じく1回の入院につき1回あたり最長6ヶ月間(累計36か月)の住宅ローンを保険金で支払ってくれるものです。

 

<参考>失業保障の概要

楽天銀行の住宅ローンの失業保障

 

<参考>入院保障の概要

楽天銀行の住宅ローンの入院保障

楽天銀行のフラット35と金利選択型の団信でがんを保障するには?

楽天銀行の住宅ローンでがんを保障することはできるのでしょうか?がんに対する備えにフォーカスして、フラット35と金利選択型の比較をしてみたいと思います。

フラット35でのがんへの備え

フラット35の団信ではがんによる高度障害や死亡のときにしか保険金が支給されません。年0.24%の金利上乗せが必要ですが、3疾病特約を付帯するとがんと診断されるだけで保険金が支払われ、住宅ローン残高がゼロとなります。

金利選択型でがんへの備え

金利選択型の団信ではがんによる高度障害や死亡のときにしか保険金が支給されません。全疾病保障でがんへの保障もありますが365日の就業不能を条件として保険金が支払われ、住宅ローン残高がゼロとなります。がんで365日の長期に渡り就業不能となることはケースとして稀であり、保障としては期待できるものではないでしょう。

楽天銀行の全疾病保障という幅広い保障を得られつつ、がんへの備えを行うという意味では、ライバルにはなりますが、全疾病保障とがん50%保障の2つの保障を無料で付帯させるじぶん銀行の利用を検討するのがよいでしょう。

じぶん銀行の住宅ローンに全疾病保障が付帯

 

(参考)フラット35の地域別幹事生命保険会社

金融機関等物件所在地地域幹事生命保険会社
モーゲージバンク等※下記以外の金融機関(全国)住友生命保険相互会社
銀行
信用金庫
信用組合
労働金庫
信用漁業協同組合連合会
北海道明治安田生命保険相互会社
青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島明治安田生命保険相互会社
茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・新潟・山梨・静岡・長野日本生命保険相互会社
岐阜・愛知・三重明治安田生命保険相互会社
富山・石川・福井・滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山第一生命保険株式会社
鳥取・島根・岡山・広島・山口明治安田生命保険相互会社
徳島・香川・愛媛・高知住友生命保険相互会社
福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島第一生命保険株式会社
沖縄日本生命保険相互会社

 

(参考)フラット35の新機構団体信用生命保険共同引受会社

アクサ生命保険

ブジラルタ生命保険

住友生命保険

ソニー生命保険

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険

第一生命保険

大同生命保険

太陽生命保険

東京海上日動あんしん生命保険

日本生命保険

富国生命保険

フコクしんらい生命保険

三井生命保険

三井住友海上あおい生命保険

メットライフ生命保険

 

楽天銀行の住宅ローン関連記事


サイト更新情報

住宅ローンの基礎

住宅ローンの借り換え

住宅ローンの審査特集

職業別の住宅ローン審査

年収別の住宅ローン審査

地域別おすすめ住宅ローン

取扱銀行一覧

トップに戻る