楽天銀行(フラット35)住宅ローン | みんなの住宅ローン <2019年12月金利更新>

  • 楽天銀行(フラット35)

楽天銀行(フラット35)

注目ポイント

金利と手数料を比べて納得!楽天銀行のフラット35
  • 毎月の返済額が変わらない安心感!フラット35実行件数銀行1位
  • 申し込みから契約まで来店不要で手続きが完結!
  • 業界最低水準の融資事務手数料。融資金額×0.990%~
  • 自己資金が不足した時に嬉しいフラット35パッケージも低金利!

楽天銀行の住宅ローンの概要

借り入れ期間を通じて変わらない金利で安心感のある長期固定タイプの住宅ローンのフラット35。フラット35は住宅金融支援機構と民間金融機関が共に取り組んで提供されている住宅ローンです。一般的に事務手数料が割高ですが、借り入れ金利を最後まで固定することで安心して借りたい人の人気を集めています。

フラット35は金融機関ごとに提供される金利や手数料が違いますが、楽天銀行では常に業界最低水準の金利を提供し、2016年にはフラット35を取り扱う銀行の中で実行件数で1位を獲得し、人気のフラット35取り扱い銀行になっています。楽天銀行では、フラット35を現時点でも積極的に販売しており、楽天スーパーポイントがたまるキャンペーンなど様々なキャンペーンを行っていますが、フラット35の弱点ともいえる事務手数料が借入金額×0.990%~と非常に低い手数料で提供されていることが人気を集めている理由の1つと言えます。

なお、当サイトでは楽天銀行の住宅ローンに関する特集記事を多数用意していますので合わせてご一読ください。

楽天銀行の住宅ローン関連記事

銀行業界No1の取り扱い実績

楽天銀行は2016年度のフラット35実行件数で前年度1位のみずほ銀行を抜いて銀行業界No1のシェアを獲得しました。

店舗を持たないネット銀行がメガバンクや他の地銀を超えるのは簡単なことではなく、サービス性の高さを裏付ける実績です。

 

融資事務手数料がとにかく安い!

フラット35の融資事務手数料は多くの金融機関で横並びの2.20%となっていることが多いですが、楽天銀行では

返済口座が楽天銀行以外返済口座が楽天銀行
新規購入1.430%1.100%
借り換え 1.430%0.990%

となっており、他行の半分程度となっています。

たとえば3,000万円をフラット35で借入れしようとした場合には一般的な金融機関では648,000円もの諸費用が必要ですが、楽天銀行では半額の330,000円ですむ計算です。諸費用で30万円の差はきわめて大きいですね。

 

失業保障・入院保障特約の付帯が可能!

楽天銀行のフラット35には失業保障・入院保障特約の付帯することができます。住宅ローンに付帯できる保障サービスとしてはあまり耳慣れない名前ですが、その内容は非常に優れていますので、ここで詳しく確認しておきたいと思います。

 

入院保障について

簡単に言うと、病気や怪我で入院して、住宅ローンの約定返済日が到来した時に、住宅ローン返済額が保険金で支払われる保障サービスです。1回の入院で最長6ヶ月まで保障が受けられ、住宅ローン契約中最長36ヶ月分利用できます。特に病名を問いませんし、ケガで入院した場合でも対象になる点が特徴です。

楽天銀行のフラット35の入院保障

 

 

失業保障について

非自発的な理由(リストラや倒産など)で失業して住宅ローン返済日が到来した時に住宅ローン返済額が保険金で支払われる保障です。入院保障と同じように1回の失業で最長6ヶ月まで保障が受けられ、住宅ローン契約中最長36ヶ月まで保障が続きます。

「失業」という言葉があるので、労働者(正社員・契約社員などの従業員)に限定されているように勘違いしそうですが、自営業や会社役員でも利用できます。自営業・会社役員はこのような保障を利用しにくいですし、自営業や会社役員には雇用保険がありませんので、そのような人にとっては非常に魅力的です。一方、安定的な公務員などであればこのような保障が活躍する可能性は低いでしょう。

楽天銀行のフラット35の失業保障

 

 

事前審査が最短翌日回答!!

楽天銀フラット35の事前審査は最短で翌日回答となっており、複数の金融機関に申し込んで結果を待っている場合などは非常にありがたいスピード感です。中には仮審査の回答に1週間以上かかる銀行もありますので、この審査スピードは見逃せません。

 

自営業・アルバイト・パートでも借り入れ・借り換え可能

フラット35そのものは住宅金融支援機構が提供し、楽天銀行は販売会社の立場で提供されている住宅ローンです。公的な役割を担っているため、民間の住宅ローンでは審査に通りにくい自営業・個人事業主、会社経営者・会社役員、パート、アルバイトなどでも審査に通る可能性が高いとされています。

フラット35の仕組み

 

 

Skypeで土日祝日も22時まで住宅ローン相談が可能!

住宅ローンについて詳しく相談してみたいが時間が無いという人のために楽天銀行が提供しているのがSkype相談です。年末年始はお休みですが、毎日22時まで自宅で住宅ローンの相談ができます。店舗が近くにあるより相談しやすいのが楽天銀行の住宅ローンの特徴です。

楽天銀行のフラット35のskype相談

 

楽天銀行の利用者評価・口コミ・レビュー

家のローンの負担が最近気になっていて、負担を減らす方法がないか調べていました。車のローンの支払もありましたから、金利の安い所に変えたいと考えていました。
ローンの借り換えは今までやったことがなく、よく知らなかったので最初は心配でした。しかしネットを使って情報を調べてみると、案外簡単にできそうだったので安心しました。
利用する金融機関は住宅ローン比較をしている所を使って、必要な情報を集めました。住宅ローン借り換えについて参考になる記事も多く、多くの事を学べました。
ローンを借り換える時に選んだのは楽天銀行で、金利の安さが魅力だったので選びました。他にも良い金融機関はありましたが、低金利で利用できるプランがある事を評価しました。
楽天銀行で利用できるプランには、長期間低金利で利用できるものがありました。今まで借りていた住宅ローンよりも、かなり金利が低い点が魅力的でした。
住宅ローンの借り換えは楽天銀行のサイトから、必要な手続きをすることができました。そんな簡単にできるのかと心配でしたが、特に問題なくできたので助かりました。
以前金融機関でローンを組んだ時は、何度もお店まで行かなければいけなかったので負担がありました。楽天銀行はネットで手続きができたので、負担が軽くてよかったです。
住宅ローンの借り換えの審査は厳しいと聞いていましたけど、私の場合はあっさり審査に通りました。ある程度ローンを返済していたのが良かったのか、良い条件で借り換えができました。
楽天銀行の住宅ローンを利用してからは、毎月の返済が減って楽になっています。車のローンの返済もあるので、今までは大変でしたが負担を減らせました。
住宅ローン借り換えはそれほど難しくなく、簡単にできたのでもっと早めにやっていればと考えています。ただ良い条件でお金を借りられたので、楽天銀行を使ってよかったです。住宅ローンを変えた時にもらえたポイントも大きく、色々な商品を購入できました。

40代 システムエンジニア 男性
私は2015年4月に住宅ローンの借り換えをしました。

対象の物件を購入したのは平成14年12月。新築一戸建てです。
場所は、東京から電車で1時間程度の場所。千葉県印旛郡酒々井町。2014年に酒々井プレミアムアウトレットがオープンした場所です。
購入したのは土地が約1000万、建物は2300万。借り入れした額は、2650万円ほどでした。
当初の借り入れは、35年固定金利でしたが、借り入れ後10年の利率は2.60%、10年目以降は3.50%の2段階利率でした。

実は私。借り換えをしたのは今回で3回目。(千葉銀行→SBIモゲージ→SBIモゲージ→楽天銀行)
それもすべて固定金利のみ。当然すべての借り換えでメリットあり(つまり総支払額減額)です。
今思えば、変動金利にしていれば。。。とも思いますが、固定金利の魅力は金利に左右されずに安心が出来ること。
今回の借り換えももちろん固定金利です。
借換を考えたきっかけは金利です。2015年1月で固定金利1.1%。

仮審査を申し込んだ銀行は、楽天銀行、SBIモゲージで、SBIモゲージは借り換え前の融資先でした。
審査を申し込んだ銀行は、二つ。SBIモゲージと楽天銀行です。楽天銀行は手数料の安さが◎。

実際に借り入れしたのは楽天銀行でした。やはり手数料の安さの魅力です。
借り入れまでに時間がかかる(1か月遅れればその分金利が上昇する可能性が高い)のですが、それでも総合的に見て手数料の安さのメリットが上回ると判断したからです。
実際に借り換えができたのは金利1.31%(20年固定金利)でした。
借り換え前から総支払額で100万円程度の減額を達成です。

楽天銀行の良かった点は、もちろん最低金利ということ。あと手数料の安さ。
もう一つは、店舗に行かなくて良いこと。実際に楽天銀行との連絡は、サイト上の掲示板を使用して行います。担当者も設定されるので安心してスムーズに手続きすることが出来ました。

借換をするならぜひ楽天銀行をおすすめします。
店舗に行かずに手続きが完結し、それだけで支払額を減らせることができます。
デメリットは特にありません。


サイト更新情報

住宅ローンの基礎

住宅ローンの借り換え

住宅ローンの審査特集

職業別の住宅ローン審査

年収別の住宅ローン審査

地域別おすすめ住宅ローン

取扱銀行一覧

トップに戻る