住信SBIネット銀行の全疾病保障とは?住宅ローン返済中の保障内容が更に拡大!

2019年3月5日

news-icon01

住信SBIネット銀行の全疾病保障とは?住宅ローン返済中の保障内容が更に拡大!

2017年6月に住信SBIネット銀行の住宅ローンの疾病保障がリニューアルし、それまでの「8疾病保障(※)が費用負担なく付帯」から「全疾病保障が費用負担なく付帯」するようになりました。8疾病保障よりも幅広いカバー範囲となり住信SBIネット銀行の住宅ローンがより魅力的になったというわけです。

※8疾病:がん、急性心筋梗塞、脳卒中、高血圧症、糖尿病、慢性腎不全、肝硬変、慢性膵炎

最新情報・2019年3月からじぶん銀行の住宅ローンに全疾病保障が追加

じぶん銀行の住宅ローンは、がんと診断された時に住宅ローンの残高が半分になるがん50%保障団信が無料で利用できる商品性で、住信SBIネット銀行の住宅ローンと激しい住宅ローン利用者獲得争いを行っていますが、2019年3月からその”がん50%保障団信”に加えて、精神障がいを除くすべての病気やケガに備える全疾病保障も利用できるという、業界を驚かせる商品改定を行いました

診断ベースのがん保障と、要因を問わない入院(精神障がいを除く)に同時に、しかも無料で備えることができるようになったことで、じぶん銀行の住宅ローンは、無料で利用できる疾病保障サービスと大きく抜け出したと言える状況です。そう遠くない将来、住信SBIネット銀行が対抗策を打ち出してくるように思いますが、それまではじぶん銀行の住宅ローンがかなり人気を集めることになると思います。

じぶん銀行のがん50%保障と全疾病保障について詳しくはこちら

 

この特集ページでは、2017年6月からスタートした「全疾病保障」のサービス内容を開設しています。住宅ローンの疾病保障は少しわかりにくい面があるので、少しでもわかりやすく解説するように意識することと、2017年5月まで提供されていた8疾病保障と比較することで、この「全疾病保障」のサービス内容について解説したいと思います。

※全疾病保障は2017年6月1日より取扱いが開始された新しい疾病保障です。住信SBIネット銀行の住宅ローン・全疾病保障に関する商品説明ページや商品説明書をもとにその商品内容をまとめています。慎重に記載内容を確認しながら記事を執筆していますが、正確な商品内容については住信SBIネット銀行の公式サイトでの確認をお願いします。

 

住信SBIネット銀行の全疾病保障とは?

全疾病保障とは、住信SBIネット銀行のネット専用住宅ローンに付帯する住宅ローンの返済・残高に対する保障です。「毎月の住宅ローンの返済」と「住宅ローンの残高」に対する保障で構成され、万が一、病気やケガで就業不能状態になり住宅ローンの返済が困難な状況に陥った時の住宅ローン返済や残高が保険金により支払われます。

なお、全疾病は「がん(悪性新生物)、急性心筋梗塞、脳卒中、高血圧症、糖尿病、慢性腎不全、肝硬変、慢性膵炎」を総称する8疾病と、「8疾病以外の病気やケガ」に大別され、保険金の支払い条件が少し異なってきます。

 

全疾病保障と従来の8疾病保障を徹底比較!

全疾病保障8疾病保障
全疾病・8疾病全疾病とは、8疾病として定められた疾病と、8疾病以外の病気やケガの2つの分類で構成されています。8疾病とはがん(悪性新生物)、急性心筋梗塞、脳卒中、高血圧症、糖尿病、慢性腎不全、肝硬変、慢性膵炎の8つの病気の総称です。8疾病とはがん(悪性新生物)、急性心筋梗塞、脳卒中、高血圧症、糖尿病、慢性腎不全、肝硬変、慢性膵炎の8つの病気の総称です。
毎月の住宅ローンの返済に対する保障融資日から3か月経過した日の翌日以降に就業不能状態(基本的に全ての病気・ケガが対象)となりその状態が継続してローンの約定返済日が到来した場合に返済額が保険金として支払われます。

【ポイント】

・”がん”のうち、上皮内がん(大腸の粘膜、膀胱や尿路、乳管などの非浸潤がん)は支払い対象に含まれません

・原因が8疾病の場合は入院が条件にはなっていませんが、8疾病以外の病気やケガの場合は、入院することにより就業不能状態になった場合のみ保険金が支払われます。

・1回の就業不能状態での保険金の支払いは8疾病の場合、最大で12回。8疾病以外の場合は最初の1か月分は支払われず最大で11回です。

・就業不能状態が12か月以内に改善、その後に返済を再開したものの再び就業不能状態になった場合などのケースが想定されますが、8疾病・8疾病以外でそれぞれ36回分の支払いが上限となります。

融資日から3か月経過した日の翌日以降に8疾病で就業不能状態となりその状態が継続してローンの約定返済日が到来した場合に返済額が保険金として支払われます。

【ポイント】

・上皮内がん(大腸の粘膜、膀胱や尿路、乳管などの非浸潤がん)が支払い対象に含まれます

・1回の就業不能状態での保険金の支払いは最大で12回。

・就業不能状態が12か月以内に改善、その後に返済を再開したものの再び就業不能状態になった場合などのケースが想定されますが、36回分の支払いが上限となります。

住宅ローン残高に対する保障融資日から3か月経過した日の翌日以降に、病気・ケガにより、その日から12ヵ月を経過した日まで就業不能状態が継続した場合、その時点のローン債務残高相当額が保険金として三井住友信託銀行に支払われたうえで、債務の返済に充当されます。

【ポイント】

・原因が8疾病の場合は入院が条件にはなっていませんが、8疾病以外の病気やケガの場合は、入院することにより就業不能状態になった場合のみ保険金が支払われます。

・「月々のローン返済に対する保障」で支払いの対象外になっている「上皮内がん(大腸の粘膜、膀胱や尿路、乳管などの非浸潤がん)」も支払い対象に含まれます

融資日から3か月経過した日の翌日以降に、8疾病により、その日から12ヵ月を経過した日まで就業不能状態が継続した場合、その時点のローン債務残高相当額が保険金として三井住友信託銀行に支払われたうえで、債務の返済に充当されます。

【ポイント】

・”がん”のうち、上皮内がん(大腸の粘膜、膀胱や尿路、乳管などの非浸潤がん)は支払い対象に含まれません

 

全疾病保障の内容を公式サイトで確認したい場合はこちら

住信SBIネット銀行の全疾病保障

 

気になるポイントは上記の比較表で「赤字」で記載していますが、基本的にサービス内容は改善しており、細かな条件を比較してもこれまでの「8疾病保障」よりも「全疾病保障」が大きく不利になっている箇所はなさそうです。なんといっても「全疾病保障」のすごいところは「8疾病保障」以外の病気やケガまでが保証の対象になっているところです。

 

女性限定のガン診断給付金特約は引き続き付帯!

住信SBIネット銀行のネット専用住宅ローンには女性限定でガンと診断された際に30万円の給付が受けられる特約が付帯されていますが、8疾病保障から全疾病保障にアップグレードされた後も、この特約は継続されています。

住信SBIネット銀行の全疾病保障・ガン診断給付金付(女性限定)

 

 

 

住信SBIネット銀行の住宅ローン金利(2019年3月)

住信SBIネット銀行の2019年3月の住宅ローン金利

 

2019年3月も変動金利から固定金利まで幅広い金利タイプで業界最低水準の金利で提供しています。「全疾病保障」と低金利を武器に2019年住宅ローン業界の注目の的になることは間違いありませんね。

 

住信SBIネット銀行の住宅ローンの公式サイト・申込はこちらから

 

住信SBIネット銀行関連記事

無料で使える疾病保障付き住宅ローンの解説


サイト更新情報

住宅ローンの基礎

住宅ローンの借り換え

住宅ローンの審査特集

職業別の住宅ローン審査

年収別の住宅ローン審査

地域別おすすめ住宅ローン

取扱銀行一覧

トップに戻る