高齢者を対象とした住宅ローンローン「リバースモーゲージ」とは?

2019年3月1日

news-icon01

高齢者を対象とした住宅ローンローン「リバースモーゲージ」とは?

2016年ごろから取り扱いが増えているのが高齢者を対象としたリバースモーゲージです。この特集ページではリバースモーゲージの特徴などについて解説しています。

リバースモーゲージと似ている商品にリースバックと言う商品があります。リバースモーゲージとリースバックの違いについてこちらの記事で解説していますので合わせて参考にしてください。

 

リバースモーゲージとは

リバースモーゲージとは、マイホームを担保にお金を借りる商品です。通常の住宅ローンも完済するまではマイホームが担保になっているので、リバースモーゲージも住宅ローンの一種と言えます。

リバースモーゲージは、金融機関から家を担保に借りたお金は死亡した後に相続人が担保に入れた不動産を売却することで完済させるという点が最大の特徴です。

「家を担保にお金を借りて老後の生活費に充てる」ことで、収入がどうしても減ってしまいがちな高齢者が豊かな老後生活を送るためのお金を用意する方法として利用者が増えています。

特に子供が別の住まいに住んでいる人はマイホームをそのまま残してもあまりメリットがありませんので、収入面で問題がない人だとしても、高度な医療費に充てたり、子や孫の学費に充てたりと、マイホームの価値を有効に活用したい人と考える人の支持を集めている商品です。

 

リバースモーゲージが最初に開発されたのは1980年ごろと言われていて、長い歴史があるわけですが、少子高齢化進行している日本において、「老後の生活のために住まいを有効活用する方法」として、近年、注目を集めているという背景があります。

 

リバースモーゲージのメリット

リバースモーゲージの最大のメリットは「お金が手元に入ってくること」「毎月の返済額は利息分だけなので少ない(利息返済すら不要な商品もある)」という点です。

以下は三井住友銀行で取り扱うリバースモーゲージの特徴などがまとめられた画像ですが、「旅行・レジャー」「趣味」「子や孫のためのお金」などだけでなく、「担保に入れた家のリフォーム(バリアフリー)」として活用したり、老人ホームに入居するための資金として活用するなど、「老後」の様々な資金不足をカバーする方法として利用されています。

 

リバースモーゲージのメリット

 

リバースモーゲージのメリットを整理

    • マイホームを手放さずにお金を調達する手段として有効に活用できる
    • 必要なときに必要な金額を借りることができる
    • 月々の返済は利息のみ(または利息返済も不要)
    • 死亡時にマイホームを売却して一括で返済

 

リバースモーゲージの商品性

リバースモーゲージの商品性についてまとめていますので参考にしてください。商品性は金融機関によって異なりますので、リバースモーゲージ取り扱い金融機関に必ず確認するようにしてください。

リバースモーゲージ
概要将来、家を後で売ることを約束してお金を借りる
マイホームの所有者本人(変わらない)
契約後にかかる費用金利
経済条件リースバックや任意売却の売却代金より少ない金額しか融資してもらえないことが多い
年齢条件50歳以上が一般的
同居配偶者しか同居できない(子供は住めない)のが一般的
資金使途原則自由。(投資資金・事業資金は認められない)
契約終了後契約終了後(死後)にマイホーム(自宅)を売却して元本・利息を返済する。もし、売却益が出た場合は相続人に分配。
対象物件基本的には戸建住宅(土地の担保価値が重視される)
審査年金収入などの審査がある
その他契約者の死後、契約を配偶者に移転させることが可能な商品もある固定資産税は引き続き支払う必要がある

住宅ローン利用中は利用できない

※上記は一般的な商品性をまとめたものです。金融機関によって商品性は異なります。

 

各銀行の公式サイト


サイト更新情報

住宅ローンの基礎

住宅ローンの借り換え

住宅ローンの審査特集

職業別の住宅ローン審査

年収別の住宅ローン審査

地域別おすすめ住宅ローン

取扱銀行一覧

トップに戻る