楽天銀行 住宅ローン金利 いつ決まる?

2018年8月20日

news-icon01

楽天銀行 住宅ローン金利 いつ決まる?

日本最大のネット専業銀行である楽天銀行はフラット35金利選択型という2種類の住宅ローンを扱っています。

楽天銀行のいずれの住宅ローンも人気を博していますが、楽天銀行の住宅ローン金利がいつ決まるか?というのが気になる方も多いのではないでしょうか?

長い場合には35年という長期にわたり毎月返済していくのため、0.1%でも安くなり、毎月の返済額が100円でも抑えられたらうれしいですよね。

楽天銀行に限らず住宅ローンを実際に借りることができる金利は融資実行時点で決まることになります。

引用;住宅金融支援機構

 

多くの金融機関の住宅ローンは仮審査申し込みから融資実行(実際にお金が振り込まれる)まで1ヶ月程度の時間が必要となり、仮審査申し込み時点で発表されている住宅ローン金利で借り入れができることはなかなかないです。多くの場合、仮申し込みをした翌月もしくは翌々月の金利が適用されることとなります。

このため、各金融機関の住宅ロー金利がいく決まるか?はとても重要となりますね。早めに金利がわかっていれば選ぶ金融機関を変えるという選択肢も出てきますよね。

さて、早速ですが、楽天銀行のフラット35と金利選択型の金利がいつ決まるか?という点を解説していきたいと思います。

 

楽天銀行のフラット35金利はいつ決まる?

フラット35は日本政府が100%する住宅金融支援機構という公的な住宅に関する金融サービスを行う公式な組織と楽天銀行のような民間金融機関が提携し提供する住宅ローンです。日本国内にフラット35を取り扱う金融機関は330余りありますが、楽天銀行は常に最低水準のフラット35金利を提供しています。

さて、楽天銀行フラット35の金利ですがいつ決まるのでしょうか?

毎月1日

ただし、フラット35は住宅ローン債権を投資家に売却するため前月半ばに投資家に対し債券の利回りを提示しており、この利回りから翌月の金利をある程度予想することができます。

当サイトではこの予想記事を公開しています。 フラット35金利予想 今後の動向は?

毎月20日前後にこの記事を更新していますので、翌月の楽天銀行のフラット35金利がどうなるか把握いただけると思います。

なお、楽天銀行フラット35の仮審査申し込みから融資実行まで住宅の新規購入で6週間程度、借り換えでも5~6週間程度の期間を要しますので仮申し込み時点での金利が適用されることはまずないと考えてよいでしょう。

楽天銀行(フラット35)

楽天銀行のフラット35

 

楽天銀行の金利選択型 住宅ローン金利はいつ決まる?

楽天銀行の金利選択型住宅ローンは変動金利や10年固定型などを扱う楽天銀行のプロパー住宅ローンです。民間金融機関としての楽天銀行が自主的に金利を決めており、他の金融機関同様に金利市況や競合行の動きを見ながら住宅ローン金利を決めると考えてよいでしょう。

さて、楽天銀行の金利選択型 住宅ローン金利ですがいつ決まるのでしょうか?

毎月15日頃

楽天銀行の金利選択型の金利発表については当サイトでどこよりもいち早く速報を出していますので参考にしてください。 楽天銀行 住宅ローン金利(金利選択型)を発表

多くの金融機関が毎月1日に住宅ローン金利を発表するのに対し、楽天銀行は半月も早く金利を発表していることとなります。これは極めて異例なことといえ我々ユーザーには選択肢を広げる情報といえるでしょう。

なお、楽天銀行 金利選択型の仮審査申し込みから融資実行まで3週間程度の期間を要しますので仮申し込み時点での金利が適用されるか微妙なところといえそうです。

楽天銀行(金利選択型)

楽天銀行 住宅ローン(金利選択型)の全疾病保障の内容

 

 

 

 


サイト更新情報

住宅ローンの基礎

住宅ローンの借り換え

住宅ローンの審査特集

職業別の住宅ローン審査

年収別の住宅ローン審査

地域別おすすめ住宅ローン

取扱銀行一覧

トップに戻る