フラット35同士の借り換えは同じ銀行で可能!(同一銀行や同一金融機関)

2019年1月3日

news-icon01

フラット35同士の借り換えは同じ銀行で可能!(同一銀行や同一金融機関)

フラット35からフラット35への借り換えなんかできないと思っている方も多いのではないのではないでしょうか?

実際、平成21年度からフラット35からフラット35への借り換え可能となってことから、フラット35間の借り換えが可能なことを知らない方も多いようです。

フラット35からフラット35への借り換えは同じ銀行(同一銀行、同一金融機関)での借り換えも可能です!もちろん、他行での借り換えも可能です。

フラット35の借り換え

 

■結論■フラット35同士の借り換えは同じ銀行(同一銀行、同一金融機関)で可能!

 

フラット35の金利動向

2016年の日本国内最大のニュースといってよかった日銀によるマイナス金利政策の導入。日銀がマイナス金利政策を導入する以前、ヨーロッパの一部の国で既に導入されていた政策とはいえ、金利がマイナスになるという異例の金融政策は世の中に大きな影響を及ぼしました。マイナス金利政策はお金を借りる側が金利を受け取れるものであり、実際にデンマークでは住宅ローン金利がマイナスになり住宅ローンを借りていることで金利が受け取れたという異常事態が発生したとされています。

日本では2016年2月より実際されたマイナス金利政策により長期金利は急激に低下、住宅ローン金利については新生銀行が月途中で金利引き下げに踏み切るなど異例な事態が発生しました。

マイナス金利政策に伴う住宅ローン金利低下は長期固定金利タイプほど影響が大きく、長期固定型住宅ローンの代名詞であるフラット35は2016年に入り、年0.5%~年0.6%程度の急激な金利低下となりました。

下記が直近10年のフラット35の金利推移ですが、2016年頭にフラット35の金利は年1.6%程度だったものが同年夏には1%の大台を下回ったことがお分かりいただけます。

フラット35は完済までの金利を固定する固定金利ですので、こうした世の中の金利低下の恩恵を受けることができないのでしょうか?

 

2016年度 銀行業界 フラット35取り扱い件数1位の楽天銀行の公式サイトはコチラ https://www.rakuten-bank.co.jp/

aruhiのフラット35の金利推移

 

フラット35からフラット35への借り換えのメリット①変わらぬ安心

フラット35の借入れを行った方はフラット35が公的な住宅ローンの側面があったり、完済まで返済額が変わらない安心感など何かしらのメリットを感じて借入れを行っていらっしゃると思います。フラット35からフラット35への借り換えであればこのメリットを継続することができますね。

 

フラット35からフラット35への借り換えのメリット②月々の返済額の削減

フラット35からフラット35への借り換えのメリットをなんと言っても同じ長期固定金利を活用しながら月々の住宅ローン返済額を大きく削減できる点でしょう。上記の表を見ると、5年前の2012年時点でフラット35の金利は年2.0%を上回っています。5年以上前にフラット35を借りた方であれば借り換えで確実な効果が見込めると言ってよいでしょう。

 

フラット35からフラット35への借り換えのメリット③保障の充実

フラット35ではこの10年ほどの間に「入院保障」「失業保障」などの特約が付帯可能になっています。一般団信では死亡や高度障害などのみ保障されていますが、こうした特約を新たに付帯することで万が一への備えを厚くすることが可能です。

フラット35の入院保障

フラット35の失業保障

引用;楽天銀行公式サイトより

 

フラット35からフラット35への借り換えのメリット④団信保険料が実質引き下げに

2017年10月にフラット35に制度改正が実施され、団体信用生命保険な保障の充実とともに、それまで団信保険料として年0.3%の金利上乗せが必要でしたが、フラット35の金利み保険料が含まれる形に制度変更が行われました。この制度変更で団信の保険料は実質引き下げられており、年0.3%で団信を付帯されている方はフラット35からフラット35への借り換えで団信保険料を節減することが可能となっています。

フラット35の団信

 

フラット35からフラット35への借り換えのデメリット・注意点①団信の再審査が必要

フラット35で住宅ローンを組まれている方の多くが団信に加入されていると思います。加入審査時に健康状態の告知を書面に記入されたのをご記憶でしょうか?過去3年分の病歴や治療歴を告知するものであり、健康状態によっては団信に加入できない場合があります。フラット35の借り換えを行う際にはこの団信の再審査が必要となります。このため、直近3年以内に健康状態に問題があった場合にはこの告知をする必要があり、内容によっては団信に加入できない可能性があります。フラット35ではワイド団信の取り扱いはありませんので団信に落ちれば、団信なしで借り換えをしなければならなくなります。借り換えにより万が一の備えがなくなるのはあまり得策とはいえないのではないでしょうか。

 

フラット35からフラット35への借り換えのデメリット・注意点③借り換えまでに1ヶ月以上必要

フラット35への借り換えには必要書類の用意や銀行側で審査、契約書締結などが必要となり、事前審査を最短翌日に回答している楽天銀行(フラット35)でも5週間ほどかかるとしています。時間にゆとりを持って審査申し込みをする必要がありますね。

楽天銀行のフラット35の借り換えの審査・契約期間

 

 

フラット35からフラット35への借り換えのデメリット・注意点③融資事務手数料が必要

フラット35を借りる際には融資事務手数料が必要となります。メガバンク・地銀などで住宅ローンを組む際に必要となる保証料は住宅ローン繰上げ返済で返金となりますが、フラット35の融資事務手数料にはそうした仕組みがありません。フラット35の融資事務手数料は多くの金融機関で融資額の2.16%の費用となり大きな負担となります。このため融資事務手数料が格安なフラット35を選ぶことがフラット35の借り換え効果をより引き出すには重要なこととなります。フラット35の借り換え手数料比較について特化したページを容易していますのでそちらも一読いただければと思います。

フラット35の借り換え手数料では楽天銀行のフラット35が0.972%と国内最低水準の融資事務手数料を実現しています。

2016年度 銀行業界 フラット35取り扱い件数1位の楽天銀行の公式サイトはコチラ https://www.rakuten-bank.co.jp/

フラット35からフラット35への借り換えは可能です

 

 

フラット35からフラット35への借り換えにオススメな金融機関は?

2017年度フラット35取り扱い実績1位 アルヒ

2016年度フラット35銀行業界取り扱い実績1位 楽天銀行(フラット35)

2016年度フラット35銀行業界取り扱い実績2位 みずほ銀行

 

【参考】フラット35からフラット35への借り換えに対応している金融機関は?

イオン銀行

楽天銀行

アルヒ

埼玉りそな銀行

みずほ銀行

三菱UFJ銀行

三井住友海上

大分銀行

オリックス

クレディセゾン

りそな銀行

ろうきん

千葉銀行

住信SBIネット銀行

横浜銀行

優良住宅ローン

北洋銀行

北都銀行

福岡銀行

 

フラット35関連記事

 


サイト更新情報

住宅ローンの基礎

住宅ローンの借り換え

住宅ローンの審査特集

職業別の住宅ローン審査

年収別の住宅ローン審査

地域別おすすめ住宅ローン

取扱銀行一覧

トップに戻る