2018年版オリコン住宅ローン借り換えランキングの結果は?

2018年8月20日

news-icon01

2018年版オリコン住宅ローン借り換えランキングの結果は?

2018年8月1日にオリコン顧客満足度調査の住宅ローンランキングを発表しています。

この調査は満足度調査・ランキングサービス最大手のオリコンが毎年実施しているもので、2018年版の住宅ローン満足度調査では、過去4年以内に住宅ローンの借り入れ・借り換えを行った人を対象に調査が行われています。回答者数は12,460人と十分すぎる規模のアンケート調査です。

 

このアンケート調査のポイントは「実際にその銀行で住宅ローンを借りて返済中の人」の生の声を集計していて満足度を調査しているという点です。住宅ローンを利用している人の満足度は、参考になる情報ですので、こらから住宅ローンを申し込む予定の人は参考情報の1つとしておきましょう。

 

なお、当サイトのコメントもつけながら解説していますが、調査内容や調査結果についてはオリコンのホームページや受賞した各金融機関のホームページなどで確認してください。

 

それでは、2018年版の住宅ローン満足度調査の結果を確認していきましょう。今回のランキングだけでなく、過去4年分の1位~5位にランクインした金融機関もまとめて紹介したいと思います。

 

 2018年2017年2016年2015年
1位ソニー銀行
(71.78点)
ソニー銀行
(73.80点)
ソニー銀行
(80.22点)
ソニー銀行
(77.12点)
2位新生銀行
(70.62点)
イオン銀行
(73.34点)
イオン銀行
(75.42点)
三菱東京UFJ銀行
(75.10点)
3位イオン銀行
(70.52点)
住信SBIネット銀行
(72.75点)
新生銀行
(73.07点)
住信SBIネット銀行
(74.63点)
4位住信SBIネット銀行
(69.35点)
新生銀行
(71.94点)
三井住友信託銀行
(72.18点)
イオン銀行
(74.43点)
5位楽天銀行(金利選択型)
(68.80点)
りそな銀行
(71.86点)

七十七銀行
(71.54点)
七十七銀行
(73.76点)

 

総評

今回の調査では上位5位にメガバンクや地方銀行は上位にランクインすることができませんでした。

また、上位5社の点数も前回から減っているので、今回の調査結果が若干厳しかったことがわかります。

 

1位は前年に続いてソニー銀行ですね。ソニー銀行はこれで8年連続で1位を獲得したことになります。

2位には全国の主要都市に店舗を構える新生銀行がランクインしています。ソニー銀行・新生銀行ともに残高が伸び悩んでいる印象がありますが、利用者の満足度は高い水準で推移していることがわかります。

 

3位には前年2位のイオン銀行、4位に前年3位の住信SBIネット銀行がランクインとランキング常連銀行がしっかりとランクインしています。

注目は5位の楽天銀行の住宅ローン(金利選択型)です。これまでランクインしたことがありませんでしたので、大躍進と言って良いでしょう。

 

1位、4位、5位はネット銀行、2位と3位には独自色の強い住宅ローンを提供している比較的新しい銀行がランクインしています。

 

1位 ソニー銀行

ソニー銀行はオリコン住宅ローン満足度ランキングで2011年から8年連続で1位を獲得しています。評点は71.78点と例年よりも低い点数にとどまっていますが、利用者の満足度は高い水準を維持していると言えます。

ソニー銀行は他のネット銀行の住宅ローンに利用者を奪われつつあり残高・利用者を増やせていないのが気になります。

参考;ソニー銀行 住宅ローンの落とし穴・メリット・デメリットとは?

 

2位 新生銀行

新生銀行は諸費用を低く抑えることができる点が最大の特徴の住宅ローンです。新生銀行も住宅ローンの残高を減らしているので銀行視点では苦戦を強いられていると思いますが、実際に利用してみると満足度が高い住宅ローンということなのでしょう。

参考;新生銀行の住宅ローンの落とし穴やデメリットは?

 

3位 イオン銀行

新生銀行とほとんど同じ点数で同率2位といってもよさそうなのがイオン銀行。イオン銀行も低金利・保証料無料・繰上返済手数料無料で借り換えユーザーの人気を集めています。

全国のイオンモールには、住宅ローン専門スタッフが常駐し、土日祝日・夜間に無料の住宅ローン相談が行える窓口を備えているので借り入れ後の手続きや相談をしやすいのも利用者の満足度を高める要因と言えるでしょう。

イオングループでの毎日の買い物は5%OFFになる「イオンセレクトクラブ」も借り入れ後5年間利用できるのもポイントです。

参考;イオン銀行の住宅ローンの評判やメリットは?

 

4位 住信SBIネット銀行

これまで上位に食い込めていなかった住信SBIネット銀行が4位にランクインしました。住信SBIネット銀行の住宅ローンはやはり全疾病保障が特徴です。住宅ローンの実行金額の観点では1位になってもおかしくないです、オリコンの満足度ランキングではなかなかトップ3には入れずにいる印象です。

参考;住信SBIネット銀行の住宅ローンの落とし穴とは?

 

5位 楽天銀行

今後の台風の目になりそうなのが楽天銀行です。楽天銀行がようやく5位にランクインしてきました。楽天銀行は事務手数料固定・低金利・全疾病保障とかなり魅力的な住宅ローンです。”楽天”という大きすぎる名前が勝ちすぎていますが、住宅ローンの商品性は国内有数に練られたものなのは間違いありません。

楽天銀行の住宅ローン詳細

 

また、最新の金利で住宅ローンの借り変えを比較した【最新】住宅ローン借り換えランキングも参考にしてみてください。


サイト更新情報

住宅ローンの基礎

住宅ローンの借り換え

住宅ローンの審査特集

職業別の住宅ローン審査

年収別の住宅ローン審査

地域別おすすめ住宅ローン

取扱銀行一覧

トップに戻る