住宅ローン 審査に通りやすい銀行は?審査基準を徹底比較

2019年1月10日

news-icon01

住宅ローン 審査に通りやすい銀行は?審査基準を徹底比較

この特集ページでは、住宅ローンの審査基準に注目して審査に通りやすい住宅ローンについて解説しています。

 

住宅ローンは審査に通らなければ利用できせん。どんなに低金利で魅力的な住宅ローンでも審査が厳しいせいで自分自身が審査に通らなくて利用できなれば何の意味もありません

住宅ローンは数千万円ものお金を長ければ35年間かけて返済してことになるので、カードローンや自動車ローンよりも厳しい審査が行われますし、住宅ローンの審査の方法や手続きは金融機関の差があり審査基準(審査の厳しさ・甘さ)は千差万別です。

審査に通りやすい住宅ローンを探す前に

具体的に審査に通りやすい住宅ローンについて解説する前に、頭の中に入れておいて欲しいポイントを3つ紹介します。住宅ローン選びの基本として確認しておきましょう。

ポイント①

一般的に、融資業務(誰かにお金を貸す)を行っている金融機関は、返してもらえなくなる可能性を考慮して貸出金利を決定しています。簡単に言えば「返済してもらえなくなる可能性が高い人たちには高い金利」で「返済してもらえなくなる可能性が低い人たちには低い金利」でお金を貸すというのが融資商品(ローン)の基本です。

住宅ローンもその構造は変わらないので、”審査に通りやすいかという観点だけ”で住宅ローンを探してしまうと金利が高い住宅ローンに行きついてしまう可能性があります。

また、メガバンクや地方銀行の住宅ローンは金利に1.0%~2.0%というように幅を持たせています。これは、住宅ローンの審査をする時に返済してもらえなくなる可能性などを考慮して金利を決定しているためです。

住宅ローンの審査が不安な人が金利に幅がある住宅ローンに申し込んだ場合、審査に通っても高い金利が提示される可能性があるので注意が必要なのと、金利に幅がある住宅ローンはあまり向いていないと言えます。

なお、金融機関によっては、高い金利の住宅ローンを返済してもらえなくなる可能性が高い人たちをあえてターゲットにして提供していることもあり、金利が高くても良ければ審査に通りやすい住宅ローンは簡単に見つけられると思います。例えば、不正融資で話題のスルガ銀行などがまさにそうです(でした)。

重要なのは「審査に通りやすくて、金利(条件)が良い住宅ローン」を見つけ出すことです。

 

ポイント②

銀行はお金のある人からお金を預けてもらって(預金)、お金を必要としている人に貸す(貸金)ことで利益をあげています。住宅ローンも同様で、基本的には「利息で利益をあげること」を目的にしています。

なお、住宅ローンを貸すことで金融機関が手にする利益は、「住宅ローンの利用者からもらえる利息」から「お金を預けている人に払う利息(資金調達コスト)」や「住宅ローンを提供するシステムの費用や人件費などのコスト」と「貸した人から返済してもらえなくなった時にかかる費用」などを引いたものです。

「住宅ローンを提供するシステムの費用や人件費などのコスト」はそれぞれの金融機関の組織構造で全く違いますので、「住宅ローンというサービスを提供する為にかかっている費用」が少ない銀行の方が審査に通りやすくて、金利も低い可能性が高いと言えます。

ネット銀行は人件費と店舗費が少なく済むから住宅ローンの金利が低いと言われるのはこのためです。

 

ポイント③

住宅ローンを借りるのは30歳~40歳の比較的若い人たちが多くを占めています。銀行にとってそのような若い人たちに口座を開設してもらうことは、長い間取引をしてくれる可能性が高い人(口座)を獲得することになります。

 

特にこれから規模を拡大したいと考えているような勢いのある銀行は「住宅ローンの利益を多少捨てることになったとしても長年取引してくれる人に口座を作ってもらうこと」を重視して低金利の住宅ローンを提供していることがあります。

 

住宅ローンの取引以外に、お金の入出金や振り込みなどの取引が増えるし、定期預金や外貨預金や保険などの他の商品を利用してもらえる可能性などを総合的に考える、ということですね。

 

これは金融機関の内部的な考え方なので外からみてもわかりにくいのですが、「成長中」の会社はこのような考え方で利用者を増やそうとする傾向がありますので、新しくできた銀行の方がその傾向が強いと考えることができます。

 

これもネット銀行などの新しい銀行が該当します。さらに、銀行だけの利益ではなくグループ会社全体の利益まで視野広げて考えることもあり、その傾向が強いのが、じぶん銀行(au住宅ローンの提供)、イオン銀行(イオングループでの買い物と連携)、楽天銀行(楽天スーパーポイント関連)などです。

「住宅ローンの貸出しを増やして儲けるぞ!」と考えずに「もっと広い目で考えよう!」という動きが目立つ金融機関の方が有利な条件の住宅ローンを提供している可能性が高いと言うわけです。

 

さらに「国(が所管する独立行政法人)」が提供するフラット35は「幅広い国民が優良な住宅を持てるように支援しよう」という大きな目的を元に提供されていて営利目的ではありませんので、そのような住宅ローンの方が審査にも通りやすく金利などの条件も有利な傾向があります。

 

各金融機関の住宅ローンの審査基準

住宅ローンの審査基準は基本的に非公開です。「わが社の住宅ローンは審査に通りやすいですよ!」とアピールすることもありません。

 

住宅ローンの審査の通りやすさを把握するには、「実際に審査に通った人や落ちた人」のくちこみなどを参考にする方法もありますが、確実なのは「商品説明書」や「利用できる人」など公表されている審査基準・利用基準を確認することです。

早速ですが、各銀行の商品説明書やコールセンターなどで確認・調査した住宅ローンの審査基準を一覧形式でまとめてみましたので確認してみてください。

 年収勤続年数年齢雇用形態
jibun
さらに詳しく
200万円以上基準なし(個人事業主・法人代表は3年以上)満20歳以上満65歳未満個人事業主、派遣社員、年金受給者でも可
jibun
さらに詳しく
200万円以上基準なし(個人事業主・法人代表は3年以上)満20歳以上満65歳未満個人事業主、派遣社員、年金受給者でも可
rakuten
さらに詳しく(フラット35)
100万円程度でも可能基準なし70歳未満個人事業主・契約社員・派遣社員・パート・アルバイトでもOK
head_logo
さらに詳しく(フラット35)
100万円程度でも可能基準なし70歳未満個人事業主・契約社員・派遣社員・パート・アルバイトでもOK
イオン銀行
さらに詳しく
100万円以上半年以上(個人事業主は3年以上)満20歳以上71歳未満個人事業主もOK
shinsei
さらに詳しく
300万円以上2年以上20歳以上65歳未満個人事業主・契約社員もOK
sbilogo

さらに詳しく
安定かつ継続した収入があること基準なし(個人事業主・法人代表は3年以上)満20歳以上満65歳以下基準なし
sbilogo

さらに詳しく(フラット35)
100万円程度でも可能基準なし70歳未満個人事業主・契約社員・派遣社員・パート・アルバイトでもOK
mizuho
みずほネット借り換え住宅ローン
安定かつ継続した収入があること基準なし(個人事業主・法人代表は2年以上)満20 歳以上71 歳未満個人事業主・契約社員・派遣社員でも可
sony
住宅ローン
400万円以上基準なし(個人事業主・法人代表は3年以上)満20歳以上満65歳未満個人事業主もOK
rakuten
金利選択型
400万円以上1年以上(個人事業主・法人代表は2年以上)65歳6ヶ月未満で、完済時年齢が満80歳未満個人事業主もOK
200万円以上1年以上(個人事業主・法人代表は3年以上)70歳満で、完済時年齢が満80歳未満個人事業主もOK

審査に通りやすい住宅ローンかどうかを判別する簡単な方法は「年収基準」と「職業(働き方)の基準」の違いをチェックすることです。

例えば、フラット35であれば年収100万円程度、派遣社員・パート社員でも利用できる可能性があります。逆にソニー銀行などは年収400万円以上と厳しい基準としています。

フラット35以外の住宅ローンでは年収100万円以上、派遣社員でも利用可能なイオン銀行が審査に通りやすい住宅ローンの筆頭格と言えるでしょう。他にはじぶん銀行au住宅ローン)は年収200万円以上で派遣社員や年金受給者でも利用可能としており、幅広い人が利用できる住宅ローンになっています。

 

住宅ローンの審査に通りやすい職業とは?

住宅ローンの審査では、「申し込み時点の年収」だけでなく、「収入の安定性」も考慮されていますので、住宅ローン審査に通りやすい職業をランキングすると以下のようになると考えておきましょう。

職業備考
公務員国や地方公共団体が雇用主であり民間企業で働く人のようにリストラされたり、大幅に収入が減るなどのリスクが少ない。
サラリーマン(正社員)公務員に次いで正社員は審査に通りやすいとされている。特に大企業で長年勤めている人は公務員と比較してもそん色ない評価を得られる可能性が高い。
個人事業主、会社経営者、契約社員短期的には利益が出ても、その利益を維持できない可能性があるので収入が不安定と評価される可能性がある。また、経営者の場合会社や事業の決算資料を多数提出させられることも多く、フラット35を除くと基本的には3期分の決算書の提出が必要。
派遣社員派遣社員への融資は対象外としている金融機関がかなり多いが、フラット35やじぶん銀行・イオン銀行など派遣社員への融資も積極的。
パート・アルバイト民間の住宅ローンの利用は困難。フラット35であれば利用できる可能性がある。

 

住宅ローンの審査に通りやすい時期がある?

毎年、3月と9月は住宅ローンの審査に通りやすい時期と言われたりしています。そのように言われる理由は、住宅ローンを提供している銀行の中間期や決算期の最終月なので、営業スタッフのノルマも高く、審査を緩くしてでも住宅ローンの貸出しを増やそうとする時期だから、ということのようです。

 

まず、勘違いしてはいけないのは、営業ノルマを抱えているスタッフ(営業部)は住宅ローンの審査を行っているわけではありません。銀行の中には営業とは別に「審査部や審査チーム」が存在していて、その審査部の社員が住宅ローンの審査を行っています。

基本的に審査部に営業目標のようなものが設定されることはありませんので、期末の営業ノルマで住宅ローンの審査基準が変わることはまずありえないと考えておきましょう。

 

ただし、たしかにたくさんの金融機関は3月に決算を迎えますし、住宅ローンは「3月」と「9月」が繁忙期(家がたくさん完成する時期)なので、積極的に金利を引き下げるキャンペーンが開催されるタイミングではあります。

 

住宅ローンの審査基準が変わるというようなことはありませんが、住宅ローンの審査も最後は人が判断していますので、なんとか住宅ローンの融資件数を伸ばしたいと考えた営業担当者が審査部に粘り強く相談するなど、可能な範囲で調整に動いてくれる可能性はなくはないとは言えるでしょう。

 

住宅ローンの審査に通りやすいハウスメーカーがある?

住宅ローンは「人(年収・職業・信用情報)」だけでなく、担保になる物件の審査を行っています。担保物件の価値が高ければ、万が一返済してもらえなくなってもその物件を売却することで損失を発生させずに済む可能性が高くなるので、住宅の質を判断材料とするのは当然です。

 

実績が少ない零細のハウスメーカーよりも、大手のハウスメーカーが建築した住宅の方が住宅ローン審査に通りやすい(金利が低い、希望金額を借りやすい)傾向は実際にもあります。特に大手メーカーの住宅の方が「希望金額を借りやすい」傾向があります。

なお、ハウスメーカーを問わず、国が定めた性能基準や品質基準を満たす物件の方が住宅ローンの審査で有利です。

 

おすすめの住宅ローンとその理由

「審査に通りやすいか?」だけで住宅ローンを選ぶのは得策ではありません。「審査も通りそうで、かつ、金利や条件が良い住宅ローン」を探すことが重要です。

住宅ローンに限らず、ローン商品の「審査基準」と「金利」は表裏一体です。審査に通りやすい住宅ローンは金利が高いのが自然ですし、審査が厳しい住宅ローンは金利が低い傾向があります。

住宅ローンの審査に不安がある人は、そういった常識が合致しない住宅ローンを探す意識が重要です。「審査に通りやすく、金利も低い住宅ローン」という条件を満たしていると言えるおすすめの住宅ローンは以下です。

 

楽天銀行の住宅ローン(フラット35)

楽天銀行のフラット35

まず、審査に通りやすい住宅ローンの代表格として紹介したいのはフラット35です。フラット35はどの金融機関から審査を申し込んでも同じ基準で審査されますので、フラット35を申し込むのであれば、金利と事務手数料とオプションサービスが有利な金融機関を選ぶことが重要になってきます。

金利・手数料・サービスの3つが優れているのが楽天銀行のフラット35で、金利は常に最低水準ですし、事務手数料も0.972%~、自己資金が足りない時に利用するフラット35パッケージローンの金利も低く、楽天スーパーポイントもたまりやすくなります。

民間銀行の住宅ローンよりはかなり利用しやすいフラット35は300を超える金融機関から申し込むことができますが、楽天銀行は申込先候補に加えておくべき金融機関です。

 

 

イオン銀行の住宅ローン

イオンセレクトクラブ

イオン銀行の住宅ローンは年収100万円以上、派遣社員や契約社員でも利用可能で、審査に通りやすい住宅ローンの筆頭格と考えています。フラット35は長期固定金利ですがイオン銀行の場合、変動金利・10年固定金利の金利に力を入れているので適用される金利はかなり低くなります。

また、イオン銀行は「イオングループでお買い物をしてくれている人たち」に幅広い金融サービスを提供することを目的に作られていることもあって、そのイオン銀行が提供する住宅ローンは金利も低く利用しやすい住宅ローンとしてはかなりおすすめの住宅ローンです。

 

 

じぶん銀行の住宅ローン

当サイトでも、じぶん銀行の住宅ローンには「審査が通りやすい」というイメージはほとんどありませんが、年収200万円以上、派遣社員でも可、年金受給者でも可というように随所に他の銀行では受け入れていないような基準まで条件を緩和している箇所があります

例えば、他の住宅ローンではあまり求められることがない「経歴書」の提出を求めるケースもあります。「職務経歴書」の提出は「審査が厳しい」というわけではなく、普通は審査に落とすと判断するようなケースでも「職務経歴書」から読み取れる情報をもとに審査に通してもらえる可能性があるとも言えるわけです。

 

何と言ってもじぶん銀行の住宅ローンは変動金利・10年固定金利の金利が低いだけでなく、がんと診断されたら住宅ローンの残高が半分になるがん50%保障団信が無料でセットされていたり、住宅ローンの諸費用を借りる場合でも金利が変わらないなど非常に魅力的な住宅ローンです。

 

じぶん銀行の住宅ローンは「審査に通りやすい」と断言はできないと思っていますが、「審査に通りやすそうな基準になっている箇所が多々ありながら、低金利で魅力的な住宅ローンを提供している」と言う点から3つ目のおすすめ住宅ローンとして紹介しておきたいと思います。(しかも仮審査結果は最短で当日に回答がきますし、融資可能金額も仮審査結果で教えてもらえます)

 

 

 


サイト更新情報

住宅ローンの基礎

住宅ローンの借り換え

住宅ローンの審査特集

職業別の住宅ローン審査

年収別の住宅ローン審査

地域別おすすめ住宅ローン

取扱銀行一覧

トップに戻る